東北大学新聞447号読者プレゼント実施中!

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しています!

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
応募〆切日:8月7日必着

応募について詳しくは紙面をご覧いただくか、こちらまで。
上記リンクからも応募が可能です。
皆様ふるってご応募ください!

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【ネタ記事】ドキッ!? 真夜中のホラーゲーム

 新歓時期も終わり、落ち着いてきた、というよりもいつもの状態を取り戻し始めた報道部。そろそろ新入生もネタ記事に参加し始める時期である。ということで、新入生発案でゲームセ○ターCXよろしく、ゲーム実況をすることにした。挑戦するのは新進気鋭の新入部員N君。怖いものが苦手で、小学校のころの文化祭のお化け屋敷がトラウマになっているという彼に、ここは報道部らしく身体を張ってホラーゲームをやってもらうことにした。  


 挑戦するゲームはフリーゲームの「青鬼」。森の奥深くにある廃墟に化け物が出るという噂を聞いて、興味本位で訪れた4人組がブルーベリー色をした全裸の巨人から逃げ回るというものだ。
せっかくのホラーゲームである。怖くなければ意味がない。ということで、決行は深夜12時から、灯りを消し真っ暗になった部室でプレイしてもらった。

 この企画は先輩SのノートPCで行われたのだか、金曜日の夜ということもあり、飲み会でたまたま集まっていたOBの手により、ハードディスクの中身が新入生達に晒されるというハプニングが発生。

 中には新聞の紙面には書けないようなゲームが詰まっていた。ゲーム実況を前に、話題をすべて持っていかれそうになるも、何とか軌道修正。ゲームスタートである。

 3時間ほど前まで、麻雀で連勝し得意げになっていたN君であるが、開始直前になると、かつての勢いを失い弱気になり始めていた。プレイ開始後3分ほどだろうか、オープニングが終わった辺りでN君が「帰りたい」などと泣き言を言うが、されどここは報道部。ビビるN君にプレイを続行してもらう。彼の周りには多くの部員が集まっていた。ニヤニヤしながら見守る者、驚く瞬間を激写しようとしながらカメラを構える先輩O、様々であった。まさに四面楚歌である。

 序盤、まだ逃げることに慣れておらず、ゲームオーバーを頻発する(このゲームは敵と接触すると即死である)N君が一言、「なんでお化け屋敷で死ななくちゃいけないの(涙声)」。ここはお化け屋敷などというアミューズメント施設ではない。本物の化け物屋敷である。

 主人公は神出鬼没の青鬼に翻弄され、仲間たちが一人、また一人と凄惨な死を遂げていく。N君はヒロインの美香が死んだときが一番落胆していた。露骨である。

 途中謎解きに苦戦するも、部員たちに助けられながら何とかクリア。クリア後には「心臓がかゆい」と、いまいちよく分からないコメントを残してくれた。

 この企画には怖がりなN君のビビる様子を見てみたい、という意図もあったのだが、周りに人が多すぎて正直そんな空気ではなかった。悲鳴を聞くことはできなかったが、ある程度怖がってくれたのでよしとしよう。
ネタ記事 6871638533435396151

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts