「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました

7月25日、26日に行われたオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました。
記事は特設ページから→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/
また上部メニューの「PDF版はこちら」からはPDF版をご覧いただけます。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【大学祭】第65回大学祭 開催間近 新企画続々

 11月1日から3日間にわたり、第65回東北大学祭が本学川内北キャンパスで開催される。今年の大学祭は「Heart Heart」をテーマに掲げ、多くのユニークなイベントが来場者を迎える予定だ。



 大学祭を企画する東北大学祭事務局は1、2年生を中心に120人で活動。企画ごとに分かれて本番に向けて準備を進めている。また大学祭の運営だけではなく、宮城県内の大学祭実行委員会が組織する団体「Miyagi‐UNIFES(ミヤギ‐ユニフェス)」にも参加しており、募金活動やボランティア活動など多方面で活躍している。当日にはチャリティーグッズの販売も計画されている。

 大学祭の全学実行委員長を務める廣瀬航也さん(文学部2年)は「様々な学部からたくさん人が集まってきているので、スタッフはとにかく個性的。適材適所で個人のいい所を活かしながら楽しく活動しています」と語る。

 当日は豪華なイベントが目白押しだ。野外ステージでは恒例となった「Mr.&Ms.東北大コンテスト」に加え、今回は本学学生の二人一組がカップルとしてクイズやゲームに挑戦する「ドキドキッ!ベストカップルコンテスト!」が新たに登場。10月9日現在エントリー済みの団体が全て男同士のカップルで話題を呼んでいる。廣瀬さんは「ミスコンと並ぶ目玉企画になれば」と語る。例年通りステージの周辺は多くの模擬店が並び、腕によりをかけた商品が提供される。校内では研究公開やサークル等の団体がブースを作って思い思いの発表が来場者を待ち受ける。外部からはお笑い芸人や伊達武将隊が招かれるなど、大学祭に華を添える。

「パンフレットやウェブページなど、各担当が成果を上げてくれるのが何よりの喜び。これに関わる全ての人が『楽しい!』と思えるような大学祭にしたい」と廣瀬さんは語った。
大学祭 154489661011638425

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts