昨年度卒業生の就職データを公開しました

文系4学部及び理系4研究科を今年3月に卒業した学生の就職先を公開しております。
それ以前3カ年分のデータもございますので、併せてご覧ください。
トップページ上部のガジェットや、ラベル「就職データ」からご覧いただけます。

第48回衆議院選挙に関するアンケートの結果を公表しています

東北大学学友会報道部では、10月22日の衆院選に際し、政治意識などを調査する目的でアンケートを実施しました。
その結果を特設ページで公開しております。こちらからどうぞ。
情報は随時更新いたします。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【世界大会】オリエンテーリング部 世界大会出場! 日々の成果を発揮

 629日から76日にかけて、チェコでJWOC2013(ジュニア世界オリエンテーリング選手権)が開催された。本校学友会オリエンテーリング部からは杉村俊輔さん(理学部3年)、佐藤雄太郎さん(医学部2年)、宮西優太郎さん(工学部2年)ら3名が出場した。

 
 この3名はロング部門、ミドル部門、スプリント部門、リレー部門の4つの種目に出場し、特にロング部門で宮西さんが76位という好順位を収めている。

 杉村さんにJWOCに出場したことについて感想を伺うと「JWOCに向けて様々なトレーニングをしてきたし、合宿ではシニアの人々とも練習をしました。昨年もJWOCには出場していますが、昨年よりも世界の選手と競えていることを実感出来たのが嬉しかったです」と述べてくれた。

 JWOC1990年より毎年行われており、今年で24回目となる。出場できるのは数え年で20歳以下となる選手のうち、代表選手選考会で優秀な成績を収めた選手に限られる。日本からは今年は男子6名、女子5名がJWOCの出場資格を得ている。

 オリエンテーリング部は毎週木曜日が活動日となっているが、日々の個人でのトレーニングが主たる活動内容となっている。部員は100人を超えており「個性を持った人々が集まって、それぞれが自分の目標を持って走ったり地図読みをしたりしている」と杉村さんは語る。実際に部室にはトレーニング表や様々な場所の地図、個人の意気込みが書かれた用紙が壁のいたるところに貼られており、やる気や熱意が伝わってくる。

 オリエンテーリングは地図に示された場所を順番に巡っていく頭脳と技能をフルに活用するスポーツである。体力が必要なのはもちろんだが、地図を見てどのようなルートで目的地に行けば良いか、また自分が今地図上のどこにいるかを認識する能力も必要となる。自分を追い抜いて行った人がしばらくして、後ろから追いついてくるという現象がオリエンテーリングでは日常茶飯事である。

 目的地にはポストが立てられている。杉村さんはオリエンテーリングの魅力として「ポストを見つけた時の喜びや嬉しさを味わうこと」であると答えてくれた。
ニュース 1062534923154638941

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts