報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【とんぺー生の台所-④】「おふくろ弁当」

 訪れたのは昼の12時。すでに列ができていた。唐揚げ弁当が有名だと聞き、さっそく大盛りでオーダー。列に並びながら、ジュージューという音に耳を立てる。そして、出てきた弁当の盛り具合(写真)にびっくり仰天。やはり、期待を裏切らない。
 とんぺー生の台所、今回は川内北キャンパス裏に位置する弁当屋「おふくろ弁当」を紹介する。


 同店の看板メニューである唐揚げは、この道30年のオーナー(59)の趣向が光る逸品だ。使用するのは国産の鶏胸肉。通常は、パサつきやすいため唐揚げに敬遠されがちな胸肉であるが、ここのはひと味もふた味も違う。歯切れが良く、弾力があり、噛めば噛むほど口内に旨味が広がる。秘伝の漬けダレと熟練の揚げ方にポイントがあるというが、「企業秘密だよ」とオーナーは目を細める。
 
 量にも定評がある。パックに詰められたご飯は普通盛りでも約350g。これが大盛りになると550gになるというから驚きだ。学食のライス普通盛りが約200gであるから、そのボリュームが容易に想像できることだろう。それでも、宮城県登米市から直送している「ひとめぼれ」は絶妙な炊き具合で、いくらでもお腹に収まってしまいそうだ。

 「大震災直後も営業は続けたんですよ」。そう語るオーナーは震災が襲った一昨年の3月、水やガス、電気などといったライフラインが不足する中で、とにかくその時ある食べ物を提供した。そして、食材が足りなくなれば車で集めて回った。また、水が足りなくなるたびに何度も汲みにいった。「連日、店の前には行列ができました。家族総出でおにぎりを握ったこともあります。それでも値上げはしなかった。喜んでもらいたいという思いが原動力になっていました」とオーナー。地域に根差した店づくりはたのもしい限りである。

 元気いっぱいなオーナーが、店の名に恥じないおふくろのような心遣いで、東北大生を見守る。容器からはみ出したおかず、ご飯は、そんなオーナーの愛情の表れなのだろう。

とんぺー生の台所 8919824201269113387

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts