東北大学新聞447号読者プレゼント実施中!

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しています!

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
応募〆切日:8月7日必着

応募について詳しくは紙面をご覧いただくか、こちらまで。
上記リンクからも応募が可能です。
皆様ふるってご応募ください!

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【とんぺー生の台所―⑥】 「かつどん家」


 目印は大きな黄色い看板。店の前には「かつどん」と書かれたのぼりがたなびく。道行く人が思わず振り向いてしまうような外装は、閑静な住宅街でも存在感十分だ。とんぺー生の台所、今回はかつ丼専門店、その名も「かつどん家」を訪れた。
 
 場所の説明は少々複雑。川内キャンパスを下り大橋を渡ったところで右折、それから200メートルほど直進し、突き当りで左折したところに位置する。まさに知る人ぞ知る名店といったところだ。

 「かつ丼専門店なんて聞いたことがなかったから、面白いんじゃないかと思ったんだ」と陽気に語るのはご主人の松浦仲(とおる)さん。2000年のオープン以来、奥さんの辰子さんとともに夫婦二人三脚でお店を切り盛りしてきた。
 
 カレーや定食など充実したメニューの中で、一番人気は何と言っても「かつ丼(650円)」だ。注文すると、辰子さんが厨房の仲さんに内容を伝える。それを聞いた仲さんは真剣な眼差しで肉と向き合い、丁寧に小麦粉、卵、それからパン粉をまとわせる。暖簾を隔てた厨房で繰り広げられる光景からは職人の気品が漂ってくる。
 
 辰子さんが運んできてくれたかつ丼(写真)は「美しい」という表現が最適なビジュアル。丼を覆うカツの上にかけられた卵の、白身と黄身のバランスが素晴らしい。まさにお手本のようなかつ丼である。口にすると半熟の卵がとろっ、端の衣がさくっ、つゆをたたえたカツがふわっ。とろっ、さくっ、ふわっの三重奏が至高のかつ丼であることを物語っている。つゆは一からの手作りで無添加。カツオと昆布の出汁が効いた優しい味わいだ。
 
 この味を求めて部活帰りの学生が集う。評定河原練習場のすぐそばだということもあり、客の8割は学生だ。テーブルは4人掛けのものが4つのみなので相席になることもしばしば。それでもここで会ったが何かの縁とばかりに、他愛のない会話に花が咲く。そんな雰囲気が、ここにはある。
 
 「知力こそが世界を救うのだから、優秀な東北大生は宝だよ」と仲さん。「そんな彼らを見守っている存在でありたいよね」と辰子さん。ならば、東北大生にとってここ「かつどん家」こそ大切な宝物である。

住所 仙台市青葉区大手町6-8
営業時間 11:00~23:00
定休日 月曜日
TEL:022-264-5211

※この記事は2012年5月に掲載したものです


とんぺー生の台所 5751856818300385205

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts