昨年度卒業生の就職データを公開しました

文系4学部及び理系4研究科を今年3月に卒業した学生の就職先を公開しております。
それ以前3カ年分のデータもございますので、併せてご覧ください。
トップページ上部のガジェットや、ラベル「就職データ」からご覧いただけます。

第48回衆議院選挙に関するアンケートの結果を公表しています

東北大学学友会報道部では、10月22日の衆院選に際し、政治意識などを調査する目的でアンケートを実施しました。
その結果を特設ページで公開しております。こちらからどうぞ。
情報は随時更新いたします。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【さぁくるどうでしょう】④-ソーシャルスキル育成サークル Think

 きっかけは、ディベートの魅力について書かれた一冊の本との出会い。工藤義礎(工・2)さんは、昨年12月、サークル「Think」を立ち上げた。



  名前の由来は、その意味が示す通り「考える」こと。「将来のことや、日本のこと、色々なことをみんなで考えて話し合える団体にしたい」と工藤さんは意気込む。

 普段の活動は、毎月行うディベートの準備が中心。「小学生は携帯を持つべきか」「日本にカジノを導入すべきか」などのテーマを設定して、肯定派・否定派の2チームに分かれる。説得的な主張をして、聞き手を納得させるのが目的だ。


「事実を用いて、客観的な主張にしていくことが一番の近道だ」。部員の八木大輔さん(教・2)はこのように語る。基礎ゼミが同じだった工藤さんに誘われ、Thinkに加入した。

 八木さんによれば、「工藤さんは理想だけではなく、行動する人」であるという。昨年の活動がハードになってしまった反省を生かして、今年からは気軽に議論できるフリートークを増やす。

 将来の目標は、社会との関わりを深くしていくこと。ディベートに限らず、社会に結び付いた活動を増やしていくつもりだ。「話すスキルを上げたい人はもちろん、社会に興味のある人ならいつでも歓迎します」と工藤さん。新しいことを始めたい人にこそ来てほしいとのことだ。

 「Think」、どうでしょう。
 ツイッターアカウントはこちら@discssionthink

さぁくるどうでしょう 2087321719657820665

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts