「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました

7月25日、26日に行われたオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました。
記事は特設ページから→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/
また上部メニューの「PDF版はこちら」からはPDF版をご覧いただけます。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦特集】硬式庭球部 ~気持ちの強さで二連覇へ~

硬式テニス部は昨年の大会で男子が見事優勝しており、今年の連覇に期待がかかる。今回は、昨年に引き続き主将を務めている紀国亮さん(工・4)にお話を伺った。




―普段どのような活動をしていますか
全員での練習は毎週火、水、木曜日の朝練と土、日曜日の午前中です。基礎練習から始まりシングルス、ダブルスの練習をしています。また、それ以外の時間も自主練をしています。冬の間は雪でコートが使えず屋内コートも無いので、主に体力作りをしています。

―七大戦の試合内容について教えてください
男子はシングルス6人とダブルス3ペアが、女子はシングルス3人とダブルス2ペアが出場します。シングルスとダブルスは重複して出ても良いことになっているため、今年は男女合わせて4年生が4人、3年生が2人、2年生が3人、1年生が2人出場します。試合形式は一試合が3セットのトーナメント制で、ダブルスの試合の後にシングルスの試合を行います。1日に2試合出場する選手もいるため、暑さ対策や体力作りのトレーニングも大事になってきます。

―七大戦勝利のカギは何でしょうか
「気合」だと思います。基本的にどの大学も実力は同じくらいなので、気持ちの強さが勝負を分けると思います。その点、去年は応援がしっかりしており、選手も全力を出すことが出来たため、優勝することが出来ました。

―今年の七大戦へ向けた抱負をお願いします
男子は昨年の七大戦で優勝したので、今年は二連覇を目指します。3月に東大との対抗試合があったのですが、冬季にコートでの練習が十分にできなかったこともあり、結果は惨敗でした。その悔しさをバネに、七大戦ではリベンジできるよう練習を重ね、優勝を掴み取りたいと思います。
七大戦 3671252049940211808

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts