読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦特集・総評】本学、2年連続11度目の優勝を飾る

 第53回七大戦において本学が総合優勝を果たし、二連覇に輝いた。昨年の総合優勝に引き続き、連覇が期待された今大会。中盤から東京大学にリードを許したが本学が卓球部男女の好成績により逆転、逃げ切って優勝を勝ち取った。本学の優勝は二年連続11度目。


 七大戦は旧帝国大学のうち7大学の運動部が参加し、42種目の成績を点数化することで順位を競う大会である。今大会は中盤からトップに躍り出た東京大学を本学が2位で追う展開。なかなか点数差は縮まらなかった。終盤になり、優勝は東京大学の逃げ切りか本学の逆転か、二つに一つ。

 形勢を変えたのは昨年最終種目で本学を逆転優勝に導いた卓球部。女子1位、男子2位と今大会も好成績を残し、東京大学から1位を奪う。その後のゴルフ、体操、自動車競技も好成績で逃げ切った。2位の東京大学と4ポイント差の224ポイントで総合優勝、二連覇を成し遂げた。

 本学が1位に輝いた種目はスキー、馬術、バスケットボール男子、準硬式野球、相撲、卓球女子、自動車の七種目。また2位、3位をとったのはそれぞれ10種目と体育部の実力がいかんなく発揮された結果となった。

 来年度は本学が主管。本学は主管校破りを一度も許したことがないだけに、史上最多タイとなる総合三連覇に期待がかかる。
七大戦 1090435930823159071

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts