昨年度卒業生の就職データを公開しました

文系4学部及び理系4研究科を今年3月に卒業した学生の就職先を公開しております。
それ以前3カ年分のデータもございますので、併せてご覧ください。
トップページ上部のガジェットや、ラベル「就職データ」からご覧いただけます。

第48回衆議院選挙に関するアンケートの結果を公表しています

東北大学学友会報道部では、10月22日の衆院選に際し、政治意識などを調査する目的でアンケートを実施しました。
その結果を特設ページで公開しております。こちらからどうぞ。
情報は随時更新いたします。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【イベント】第29回国際祭り開催

 25年以上の歴史をもち、東北地方で最も大きな国際イベントである第29回国際祭りが1019日、仙台市立三条中学校のグラウンドで開催された。

 今年の国際祭りのテーマは「GATEWAY TO THE WORLD」。20ヶ国近くの料理を楽しむことのできる屋台には行列ができ、来場者は普段口にできないような世界各地の料理を味わった。また、会場には国際祭りの主催者である東北大学留学生協会(TUFSA)や、県内の国際交流団体などによる、ゲームや展示を楽しめる交流コーナー、各国の伝統衣装のファッションショーなどが開かれるステージが設置され、多くの来場者により賑わいを見せた。 

 国際祭りを主催しているTUFSA代表のポンルンクロッジ・チャーノンさんによると、TUFSAの当初の目的は、仙台に住む外国人留学生のつながりを強め、仙台での暮らしに慣れさせていくことだったという。そこから次第に自分たちの文化を地域の人々に伝え、お互いに理解し合おうとすることがメインの活動になっていったという。普段の活動では、毎月ゲームなどのイベントを通じて参加者同士で交流を深めていると語る。


 「国際祭りを始めた目的も留学生協会と同じく、外国人同士の文化交流、助け合いのきっかけ作りであったが、今では東北大生をはじめとして、仙台の人々に国際交流の場を提供する意味合いを強めている。「第一に仙台の人のためです」と、チャーノンさんは語る。」TUFSAは今後の活動として、東北大学の日本人学生と外国人留学生で交流を深めていく「バディプログラム」を計画している。また、12月には食事やダンスを楽しむ、クリスマスパーティーの企画もあるという。興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。


イベント 7820547799428567093

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts