報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

学友会準加盟団体へ昇格 ロケット打ち上げサークル、FTE

 東北大学ロケット打ち上げサークルFROM THE EARTHが今年新しく学友会の準加盟団体に昇格することとなった。そこで。今回は代表者の稲葉仁さん(工・3)にお話を伺った。

―普段はどのような活動をしていますか
 私たちは「身近なところから宇宙開発」をテーマに日々活動しています。普段の活動は主に2つあります。1つ目は実際にロケットを製作して飛ばすことです。これはペットボトルロケットではなく実際のロケットに近いモデルロケットやハイブリッドロケットを製作・使用しています。2つ目は小学校などでロケット教室を行うことです。最近では9月9日に若林小学校で開催しました。 

―目標にしている大会などはありますか
 今年は終わってしまいましたが、毎年8月に秋田県で開かれる能代宇宙イベントに参加し、ハイブリッドロケットの打ち上げを目標に活動しています。

―ロケットの製作から打ち上げまでの流れを教えてください
 ロケットを作るにあたって、まず目的を決めてプロジェクトを立ち上げます。その後目的に沿ったロケットを製作して実際に打ち上げ、そこでの反省を生かして次のロケットを改良する、というのが基本の流れになります。打ち上げたロケットが回収できればそれを再利用しますが、次々と新しいロケットを作って飛ばしたいので、実際には新しいものを作ることも多いです。

―準加盟団体に昇格して、新たに始めたいことはありますか
 やることは基本的に変わりません。今まで通り「身近なところから宇宙開発」をテーマにロケットを作って飛ばし、学生として初めての大気圏突破という目標を達成するためにこれからも活動を続けていきたいと思います。




サークル活動 5305263149852231675

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts