報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら
記事PDF版は上部メニュー「PDF版はこちら」から、445号1面及び4面をご覧ください。

合わせて、国民栄誉賞の受賞が決定した羽生選手、誠におめでとうございます!

本HP通算60万ビュー数達成!

6月9日、報道部HPの通算60万ビュー数を達成いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦2015】学友会アイスホッケー部 -走力鍛え、チーム一丸となり勝利目指す-

 七大戦で優勝したい――氷の上で熱い闘志がぶつかりあう七大戦アイスホッケー競技。学友会アイスホッケー部は40(マネージャー含む)で活動している。部としての目標は七大戦優勝だ。しかし前回の七大戦では残念ながら三位という結果に終わってしまった。

 普段のアイスホッケー部の練習は、スケートリンクが平時練習用には使えないため、深夜11時頃から翌日の朝1時頃まで行われている。このために早くから仮眠をとって参加する部員も少なくない。氷上だけでなく、陸上でのトレーニングも定期的に行われている。 

 アイスホッケー部の部員は、そのほとんどがアイスホッケー初心者だ。そのため基礎的な練習の期間が長い。今まではチームプレーを練習できる時間が少なかったのが課題だった。しかし今年のアイスホッケー部にはアイスホッケー経験者も入部し、例年よりも早くチームプレー練習のような発展的な練習を始められている。

 今年のアイスホッケー部は練習以外でも忙しい。来年度の七大戦は本学が主管となって行われる。各競技の運営は主管校が中心となって行うため、アイスホッケー競技では会場の用意から実際の運営までをほとんど全てアイスホッケー部が担当する。活動のシーズンは10月からで、これからは更に忙しくなる。今年は特にOBに助けられている。アイスホッケー部は100年以上の歴史を誇り、頼りになるOBの数も多いという。


 「アイスホッケーは試合展開が早いのが魅力だ」そう語ってくれたのは三年主務の木下さんだ。「今年は今までよりも多忙だが、OBさん達や下級生に助けてもらっている。今年のチームは得点力が弱いのが課題だが、走力を鍛えて全員で得点できるようにしていきたい。今回の七大戦は頑張ります!」と語ってくれた。今年のアイスホッケー部も熱い。


サークル活動 2962832508065050210

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts