読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

深夜マラソン開催 ~豪華賞品目指し、川内を駆ける~

 川内キャンパスにおいて1123日、応援団主催の第41回深夜マラソンが行われた。63名の参加者は豪華賞品を目指して夜の川内を駆け抜けた。

 スタートは23日の24時。参加者は厚生会館前からスタートして川内キャンパス周辺を3周するおよそ10㎞のコースを走った。中には軍服や着ぐるみなどといった仮装に身を包んだ人もおり、深夜の暗く静かなコースを賑わせた。 

 3126秒で今回1位に輝いた星野優介さん(工・修士2)はゴールした瞬間、両手を掲げ、喜びを表し、「去年は3位で悔しい思いをしました。一年間練習をして去年の雪辱を果たせてよかったです」と満面の笑み。1位の星野さんには温泉チケットが、また2位には五穀米セット、3位にはプロテインがそれぞれ贈られた。

 そのほか、一番凝った仮装をした人に贈られる仮装賞、一番寒そうな格好で走った人に贈られる寒かったで賞などユニークな賞が用意され、表彰される閉会式で笑いを誘った。今回仮装賞を獲ったのはインド人の仮装でスタート前から注目を集めた鈴木康太さん(文・1)。カレー部に所属している鈴木さんは深夜マラソンに参加することになって、この仮装をすることを決めたという。「走ることはあまり得意ではないので仮装で頑張ろうと思っていました。運よく仮装賞をいただけました」と顔をほころばせた。


 第41回を数える深夜マラソンだが2001年から団員不足により開催されておらず、2011年に復活した。2001年以前は200名を超える参加者が集まっていたが、再開した2011年からはなかなか参加者が集まらないという。応援団渉内責任者の田名部紗絵さん(工・3)は「1位を目指し走る人も仮装をして走る人も楽しく自由に参加できるのが深夜マラソンです。たくさんの人に参加してほしいです」と話した。応援団の伝統行事は来年も開催されるとのこと。参加してみるのはいかがだろうか。


サークル活動 96453189408453385

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts