読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦特集】学友会スキー部 ~限界に挑み三連覇へ~

 長野県の野沢温泉村で今年の1228日から来年の1月3日にかけて、七大戦に参加する7大学に他3大学(東工大、一橋大、神戸大)を加えたスキーの十大戦が行われる。本学学友会スキー部は現在2連覇中であり、今大会での3連覇を目指す。

 現在スキー部は40人と大人数で活動をしており、十大戦にはノルディックスキー競技のクロスカントリー部門とスキージャンプ部門、アルペンスキー競技の3チームに分かれ参加をする。通常の大会ではチーム成績上位の者しか出ることができないが、今回の大会は人数制限がないため1年生は力試しを、2年生以上の学年はインカレに向けた調整のために、成績上位を狙っていく。 

 「大会前には、一人ひとり個人目標を宣言してもらっています。次回大会でも、一人ひとりが目標に向かって全力を尽くし、着実にポイントを積み重ねることができれば、素晴らしい結果で大会を終えることができると思います」と主将の丹羽翔太さん(農・3)は意気込む。


 12月からシーズンが始まり、様々な大会に向かっていく本学スキー部。シーズンをいい流れで始めるためにも優勝し、3連覇という形で本学に明るい知らせを届けることが期待される。「大会での成績はもちろんですが、何より個人の限界に向き合えればと考えています。三連覇に向けて頑張ってきますので、応援よろしくお願いします」と丹羽さんは語った。


サークル活動 7339657608099687617

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts