読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

学友会邦楽部 定期演奏会開催 ~4年生 新曲で有終の美飾る~

 学友会邦楽部による第59回定期演奏会が12月20日、仙台市シルバーセンターにて行われた。会場には多くの観客が訪れ、大盛況のうちに幕を下ろした。

 今回の定期演奏会には、1年生の初舞台と4年生の卒業演奏という2つの意味がある。演奏には1年生らしい初々しさや、4年生の滑らかさ、繊細さなどが表れていた。演奏された曲は全部で11曲あり、一度は聴いたことがあるような曲や民謡、クリスマスソングといった誰もが楽しめる構成となっていた。曲調も、しっとりしたものからリズム感のある明るいものまで幅広く、聴く人の耳を楽しませた。選曲は部員らに任せており、現代曲を中心に演奏者の好みの曲が演奏された。ほぼ満員の観客も演奏者の熱演に応え、盛大な拍手を送った。
 本番直前に学友会邦楽部代表の毛利朋世さん(農・3)は「一般の方は和楽器の演奏を聴く機会が少ない。来場した人の、和楽器は古臭いという印象をなくすことが出来れば」と語った。邦楽部がシルバーセンターで演奏するのは今回が初めて。そのため「正直慣れていない」と不安をのぞかせたものの、「(曲の)完成度は高い」と自信をもって答えた。また今回は箏曲家の江戸信吾氏が作曲した曲が初披露された。このような機会は滅多にないため、ぜひ聴いてほしいと話した。
 定期演奏会に向けた練習での雰囲気は明るく、厳しいだけの練習では演奏がつまらなくなるという考えのもと、楽しく練習を続けられたと語る。締める所は締め、部員たちの自主性に任せた練習が、この定期演奏会の成功につながった。
 定期演奏会は2時間半ほどで終了し、観客は満足した様子で会場を後にした。次の演奏会は来年5月の第46回三曲発表会。今回来られなかった人は、次回訪れて和楽器の音色に酔いしれてみてはいかがだろうか。
サークル活動 8445791984515728096

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts