昨年度卒業生の就職データを公開しました

文系4学部及び理系4研究科を今年3月に卒業した学生の就職先を公開しております。
それ以前3カ年分のデータもございますので、併せてご覧ください。
トップページ上部のガジェットや、ラベル「就職データ」からご覧いただけます。

第48回衆議院選挙に関するアンケートの結果を公表しています

東北大学学友会報道部では、10月22日の衆院選に際し、政治意識などを調査する目的でアンケートを実施しました。
その結果を特設ページで公開しております。こちらからどうぞ。
情報は随時更新いたします。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

学友会邦楽部 定期演奏会開催 ~4年生 新曲で有終の美飾る~

 学友会邦楽部による第59回定期演奏会が12月20日、仙台市シルバーセンターにて行われた。会場には多くの観客が訪れ、大盛況のうちに幕を下ろした。

 今回の定期演奏会には、1年生の初舞台と4年生の卒業演奏という2つの意味がある。演奏には1年生らしい初々しさや、4年生の滑らかさ、繊細さなどが表れていた。演奏された曲は全部で11曲あり、一度は聴いたことがあるような曲や民謡、クリスマスソングといった誰もが楽しめる構成となっていた。曲調も、しっとりしたものからリズム感のある明るいものまで幅広く、聴く人の耳を楽しませた。選曲は部員らに任せており、現代曲を中心に演奏者の好みの曲が演奏された。ほぼ満員の観客も演奏者の熱演に応え、盛大な拍手を送った。
 本番直前に学友会邦楽部代表の毛利朋世さん(農・3)は「一般の方は和楽器の演奏を聴く機会が少ない。来場した人の、和楽器は古臭いという印象をなくすことが出来れば」と語った。邦楽部がシルバーセンターで演奏するのは今回が初めて。そのため「正直慣れていない」と不安をのぞかせたものの、「(曲の)完成度は高い」と自信をもって答えた。また今回は箏曲家の江戸信吾氏が作曲した曲が初披露された。このような機会は滅多にないため、ぜひ聴いてほしいと話した。
 定期演奏会に向けた練習での雰囲気は明るく、厳しいだけの練習では演奏がつまらなくなるという考えのもと、楽しく練習を続けられたと語る。締める所は締め、部員たちの自主性に任せた練習が、この定期演奏会の成功につながった。
 定期演奏会は2時間半ほどで終了し、観客は満足した様子で会場を後にした。次の演奏会は来年5月の第46回三曲発表会。今回来られなかった人は、次回訪れて和楽器の音色に酔いしれてみてはいかがだろうか。
サークル活動 8445791984515728096

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts