読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【告知】クラシックギター部卒コン3月12日開催~久々の合奏に意気込む~

本学クラシックギター部の卒業コンサートが3月12日、宮城野区文化センターパトナホールにて開催される。今年、本学を卒業する学部4年生、修士2年生が主体となるコンサートである。




 クラシックギター部では学部2年次の12月にて部を引退することになる。今回の卒業コンサートには卒業生だけでなく、3年生以上のOB、OGを含めた26名が有志で参加する。引退後もクラシックギターの練習を続けていた人はごくわずか。昨年の10月頃から準備を始め、年明けから卒業コンサートに向けた練習が始まった。

 独奏、重奏も披露されるが見どころとなるのは合奏である。演奏する楽曲は絢香の「にじいろ」。引退後は仲間と一緒に練習する機会が減ってしまうため、久々の合奏練習は、現役の頃を思い出して楽しみながら、より力を入れたものになるという。全員が集まることはなかなかできないが、有志どうしが和気あいあいとした雰囲気のなかで練習をしている。合奏の指揮を務める西田樹生さん(生命科学・修士2)は「合奏は大勢で演奏する分、華やかになり、コンサート全体の顔となる」と語る。より良い合奏を目指し、西田さんは演奏者の特徴を活かしたパート分けにも力を入れた。

 重厚な音から柔らかな音まで幅広い音色を奏でられるクラシックギター。演奏する楽曲も王道のクラシック曲や最近のポップソングなど様々である。「馴染みのない楽器かもしれないが、クラシックギターの堅いイメージを払拭したい」と赤松明香さん(理・修士2)は意気込む。


 卒業コンサートは、1730分開場、18時開演で、入場無料。クラシックギターの美しい音色、華やかな合奏に酔いしれに、足を運んではいかがだろうか。
サークル活動 3775596571655887812

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts