読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会バドミントン部 ~1年間の努力を信じて~

 バドミントン部の七大戦が8月9日から15日にかけて、仙台青葉体育館にて行われる。
 今大戦では団体戦の形式で試合が行われ、シングルス6人、ダブルス3ペアの最大12人の試合結果により勝敗を決することになる。そのため好結果を残すためにはチームの総合力が求められる。
      
 昨年は男子7位、女子3位という結果で終わったバドミントン部。今年の七大戦への意気込みを主将の竹澤昇平さん(理・4)は「チームみんなで団結して上位を狙っていきたい。」と語った。
 バドミントン部の普段の練習は週に5日、2時間半程度を川内と片平の体育館で行っている。メリハリをつけ集中して取り組んでいるだけでなく、一人ひとりが常に考えを持って練習に取り組むことで個人の武器を磨いていくことを意識するようにしているそうだ。部員全員がバドミントンを好きだからこそ高いモチベーションで練習に取り組むことができることが、今年のバドミントン部の一番の魅力だという。
 「もちろん他大学にも強い選手はたくさんいるので勝つことは簡単ではありませんが、本学の七大戦三連覇に貢献できるよう、1年間の努力を信じて試合に臨みたいです」と意気込んだ竹澤さん。バドミントン部の飛躍に期待がかかる。

七大戦 2861482086876982215

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts