読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【講演会】大学病院100周年記念講演 ~ゲストに荒川静香さん~

東北大学病院の開設百周年記念式典・講演会が7月14日、仙台勝山館にて開催された。記念講演会は記念式典に引き続いて催され、病院関係者のほか、事前に申し込みをした市民ら約100名が出席した。ゲストとしてプロフィギュアスケーターの荒川静香さんが招かれた。
講演会では、八重樫伸生病院長のあいさつの後、荒川さんが登壇。本学医学研究科の永富良一教授とのトークセッションが行われた。終始和やかなムードで行われ、会場からは温かい笑いが起こった。荒川さんはスケートとの出会いや、東日本大震災に対する思い、健康維持の工夫などを語った。
高校卒業までを仙台で過ごした荒川さん。フィギュアスケートとは5歳の時に仙台市内のスケート場で出会った。当初はそれが競技ということすら知らず、フィギュアスケート特有のフリルが付いた衣装や、氷上での独特な動きに憧れて始めたという。
今でも週5日スケートをする荒川さんは「自分自身の体の動き方が日々の健康のバロメーターとなる。毎日決まった運動をして、自らの体の変化に気づくことができるようにしている」と話した。

また、震災について「自分にできることを考え続けることが大切。私はアスリートとして、震災で傷ついた方たちの気持ちをリフレッシュさせてあげたい」と思いを述べていた。
講演会 3742603181334968837

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts