読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会男子ラクロス部 ~チーム一丸で雪辱へ~

 七大戦男子ラクロス競技が9月4日から6日にかけて、本学川内グラウンドにて行われる。昨年は最下位に終わった男子ラクロス部は、今大会において昨年の雪辱を誓う。

 男子ラクロス部は部員100人を超える大人数で活動を行っている。チーム内にはAチーム、Bチーム、1年生チームの3つのチームがあり、それぞれのチームの中で課題を見つけながら日々の練習に取り組む。チームに競争を取り入れることで選手の層が厚くなり、昨年は見事11年ぶりの全国大会出場を果たした。今大会に臨むのは将来の活躍が期待されるBチームの選手たちだ。「選手には、自分のプレーに自信をもって大会に臨んでほしいですね。戦うからには、どんな相手でも勝利を目指します」と主将の青山元樹さん(法・4)は意気込む。
 大会に臨む上で大切な存在は選手だけではない。マネージャーの存在が必要不可欠となる。マネージャーは練習の準備やテーピングなどチームを支える仕事に加え、試合のビデオ撮影など、チームの戦術にかかわる仕事まで行う。いわばコート外の選手として重要な役割を担っているのだ。ラクロスは体力面だけでなく戦術面も重要視されるスポーツであるため、その役割は欠かすことのできない存在となっている。マネージャーを含めチーム全体が一丸となり、今大会に臨む。「ラクロスはまだまだ認知度が高くないスポーツではありますが、一度見てもらえればその魅力を知っていただけると思います。大会の会場も近く絶好の機会ですので、ぜひ応援に来てください」と青山さんは語った。
七大戦 7968199284154432390

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts