読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【サークル】人力飛行部Windnauts 鳥人間コンテスト2015優勝 

 読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト2015」が7月26日に滋賀県琵琶湖で開催され、学友会人力飛行部「ウィンドノーツ」が人力プロペラ機ディスタンス部門で優勝した。
このほか「ザ・ベスト・バードマン賞」と「彦根市長賞」も併せて受賞。

3冠を達成する快挙となった。
代表の松崎秦さん(工・3)は「優勝の目標が達成して満足している」と安堵の表情を浮かべた。




 人力プロペラ機ディスタンス部門では、ペダルを漕いで進むプロペラ機で往復40㎞のコースを飛行し、着水するまでの距離を競う。

記録は35367・02mで、部門歴代2位。

パイロットを務めた松島昴汰さん(工・3)は「大会新記録までわずかだった。

記録を塗り変えられなくてやりきれない」と悔しさをにじませた。

 機体設計や部品製作は2、3年生が中心。

製作は去年の8月から始めて大会直前まで調整を重ねたため丸1年を要した。

飛行距離を延ばす工夫に時間を費やし、出場した機体のうち最軽量の30㎏に重量を抑えることに成功。

機体を飛ばす場所が確保できず練習環境が十分整わない中で、テストフライトを繰り返し本番に備えた。

 今大会で飛ばした機体の愛称は「鴻(こう)」。

渡り鳥のオオハクチョウのことで、長距離フライトを目指す思いを込めた。

松崎さんは「先輩からのノウハウの積み重ねで機体を完成させた。

妥協を許さなかった」と語る。

 ウィンドノーツの活動はつらかったが、努力を重ねただけに感動もひとしおだったと二人は口をそろえる。

松崎さんは機体がプラットホームを飛び立ったとき「わが子が巣立ったような感動で涙が出た」と話す。

パイロットの松島さんは「琵琶湖の上はすべてが楽しかった」と笑顔を見せた。

 鳥人間コンテストが終わると、ウィンドノーツは2年生に引継ぎをする。

松崎さんは「2連覇、そして3連覇を達成してほしい」と、松島さんは「僕らが勝ち取った優勝をこれからも続けてほしい」と来年の大会に挑む後輩への期待を語った。

全国大会 3835845149253980820

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts