読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

「ひとめぼれ」 販売 本学産環境に優しい米

 12月7日から18日にかけて本学の全キャンパス生協において、農学部川渡農場で収穫された米の販売が行われた。昨年の雨宮と青葉山のみでの販売から大きく規模を拡大した。精米320袋、玄米180袋を販売し、いずれも完売したという。




 東北大学の農場で育まれ、ひとめぼれするようなおいしさと栽培品種「ひとめぼれ」をかけて「東北大にひとめぼれ」と名付けられたこの米は、無農薬、無化学肥料の「ふゆみずたんぼ農法」によって育てられたことが特徴だ。この農法は冬の間も田んぼに水を張ることで、水鳥に棲みかやエサ場を提供し水を好む生きものを保全している。

 農薬や化学肥料の力を使わず、生態系の中で育てた「ひとめぼれ」。販売を手掛けた有志メンバーの市川晋さん(農・修士2)は「お米の販売を通して普段私たちが何気なく食べているお米がどのように作られているのか興味を持つきっかけになってほしい」と語った。

 販売に先駆け、川内北キャンパス厚生会館前で行われた試食会に参加した一関可純さん(農・1)は「冷めてもモチモチしておいしい。環境によいと知って食べるとよりおいしく感じられた」と感想を述べた。

イベント 3728037199294134429

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts