昨年度卒業生の就職データを公開しました

文系4学部及び理系4研究科を今年3月に卒業した学生の就職先を公開しております。
それ以前3カ年分のデータもございますので、併せてご覧ください。
トップページ上部のガジェットや、ラベル「就職データ」からご覧いただけます。

第48回衆議院選挙に関するアンケートの結果を公表しています

東北大学学友会報道部では、10月22日の衆院選に際し、政治意識などを調査する目的でアンケートを実施しました。
その結果を特設ページで公開しております。こちらからどうぞ。
情報は随時更新いたします。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会男子バスケットボール部 機動力と熱量で優勝へ

 七大戦男子バスケ競技が来月20日から25日にかけてBumb東京スポーツ文化館、第二体育館で行われる。総当たり形式のリーグ戦で、一日1試合ずつ行い、全ての大学と対戦する。七大戦への意気込みについて、主将の津幡聖平さん(工・4)に話を伺った。


 学友会男子バスケットボール部の部員は現在約40人。主に川内体育館で週4回練習している。機動力で他校を圧倒できるよう走り込みに力を入れている。また力で押されないように、筋力をつけることも意識してトレーニングを行っているという。

七大戦を本格的に意識した練習は6月から始まる。試合形式の練習を増やし、ハードな練習を減らして疲れを残さないようにして七大戦に向けて調整していく。

 七大戦の目標は優勝すること。そのために全員が活躍の場を見つけてほしいという。例えば、1年生は原則として七大戦の本戦には出場しないが、精一杯応援することで選手の励みになる。「試合に出場する、しないに関わらず、チーム一丸となって一つひとつの試合に勝ちたい」と津幡さんは語る。

 バスケットボール競技には、七大戦本戦に加えジュニア戦もある。ジュニア戦は1、2年生が主体のチームで出場する。全体の結果には反映されないが、こちらでも優勝を目指して日々練習に励んでいる。

 特に意識しているチームは、大阪大と東京大だという。大阪大は昨年の優勝校だ。「熱量のあるプレーで一生懸命試合していきたい」と津幡さんは話した。
七大戦 1264786471798895206

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts