読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会空手道部 ~考える空手で二連覇へ~

 七大戦空手道競技が7月17日、東京の御殿下記念館で行われる。昨年度は見事優勝を飾った学友会空手道部。現在は14名で日々練習に励んでいる。他の6大学の部員はおよそ40人以上いるというので比べるとかなり少ないが、その分一人ひとりの練習密度は高く、部員同士の絆も深い。




 七大戦は7人1チーム、7大学の総当り戦。他の大会より試合数が多く、試合と試合の間の休みも少ないため、体力がとりわけ重要となる。練習メニューは主将の古川浩汰さん(経・3)が部員と協力しながら組み立てており、体力をつけるために、走り込みやラダーといったメニューを積極的に取り入れている。

 空手道部が特に意識しているのは「考える空手」をすることだ。「身体能力の差は技術や戦略、心の強さで超えられる。考えながら練習すれば効率が上がるし、伸びも違う」と古川さんは語る。

 また、今年度は昨年度とは違い、東京というアウェイでの戦いだ。「この違いは大きい。地域ごとに審判の色があるので」と古川さん。審判によって技の取り易さや反則に対する厳しさが変わるという。試合の中で審判の癖を判断し、自分の動きを修正するためには、やはり頭を使わねばならない。

 さらに古川さんは「正直なところ、他大学の選手層の厚さを考えると、東北大は一番下だと思う」と話す。だからこそ他大学よりも頭を使い、基本をしっかりと身につけ、勝ちにこだわっていかなければならない。またチーム戦においては、チームの仲間を信じて気持ちを繋いでいくことが大切だという。「目標は2連覇。仲間を信頼して一試合ずつがむしゃらに戦い、勝ちを掴んでいきたい」と意気込む。空手道部の2連覇に、期待がかかる。
七大戦 1863500976786493758

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts