本HPが通算50万ビュー達成

2月19日、本ホームページの通算ビュー数が50万となりました!!
ひとえにご覧いただいている皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

今年も「受験生応援号」を発行します

前期選抜入試に合わせて「東北大学新聞 受験生応援号」を発行いたします。
部員自ら手渡しで配布いたしますので、お手に取っていただければうれしいです。
ネット配信も予定しておりますのでどうぞお楽しみに!

報道部部室が一時移転します

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転となります。
移転は2月27日以降の予定です。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】2016年総括 学友会男子バレーボール部 ~重圧の中で全勝達成~

 七大戦バレーボール競技が8月15日から19日にかけて、日野市市民の森ふれあいホール、エスフォタアリーナ八王子にて開催された。学友会男子バレーボール部は2年連続の全勝優勝を成し遂げた。




 七大戦は総当たり方式で行われる。今年は、最終日までともに全勝であった本学と大阪大学が優勝を争った。2連覇がかかったプレッシャーの中で優勝を決め、チームは喜びと安堵感が込み上げたという。

 勝因の一つに「チームが一つになれたこと」が挙げられる。試合に出場する選手だけでなく、ベンチ、ベンチ外の選手、マネージャー一人ひとりが優勝するためにはどうすべきかを考えて行動したことがチームを優勝へ導いた。また、試合中の応援も七大学で一番の盛り上がりを見せた。七大戦では、得点する度にコート外にいた部員もコートに入って喜び合うことが認められている。本学チームも大人数でパフォーマンスを披露して士気を高めた。

 七大戦を終えて4年生は引退し、すでに新体制での活動が始まっている。攻撃や守備の主力だった選手たちが抜けた分、攻撃力の向上が求められている。新チームの主将を務める臼井涼太さん(理・3)は、「技術の向上はもちろんのこと、チーム全体の総合力を高めて勝っていかなければならない」と語る。目標は東北地区のリーグ戦上位進出と七大戦3連覇。まずは春季リーグ戦に向けて練習に励んでいく。
七大戦 2551509794528925855

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts