報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

【大学祭2016】「創造」しさ溢れる3日間 ~ステージ展示 賑わい見せる~

 10月28日から30日にかけて、第68回東北大学祭が本学川内北キャンパスで行われた。例年通り学内外問わず多くの人が訪れ、老若男女が楽しみ学んだ。








 テーマは「創造しくってごめんなさい。」。ゼロスタの「笑顔」がテーマソングとなった。学生によるサークルや自主ゼミなどにより78の模擬店が出店され、72の屋内企画が行われた。また、野外ステージ、T‐1ステージ、Welcome! ステージの3つのそれぞれのステージでも様々な企画が行われ、多くの学生がパフォーマンスを披露した。

 野外ステージでは男性デュオのサスケが美しい歌声を響かせた。お笑い芸人のタイムマシーン3号とヴィンテージによるお笑いライブも行われ、会場が笑いに包まれた。

 川内南キャンパスの萩ホールでは早稲田大学国際教養学部教授の生物学者である池田清彦さんが「虫は人間(ヒト)よりおもしろい!!」と題して講演会を行った。聴講者達はユーモアあふれる教授の話に聞き入った。また、B棟の教室では本学の教授らによる模擬講義が行われた。

 今年度は初の試みである東北大学祭公式アプリが配信された。まさにテーマにふさわしく学生達の「創造」力輝く学祭となった。
大学祭 1338654542093422966

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts