報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

祝・七大戦連覇!448号(次号)で特集します

東北大学が今年の七大戦も制覇、2年連続14度目の総合優勝を飾りました!
14度目の総合優勝は、京大に並び最多タイです。
参加団体の皆様おめでとうございます。
次号の東北大学新聞では七大戦優勝を取り上げます。発行は10月中~下旬です。
合わせて、北海道胆振東部地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【ネタ記事】「○○の秋」全力24時間 ~読書・行楽・食欲・麻雀(?)~

 9月末日。報道部員達はあと数日経てば素敵な夏休みが終わってしまうことを憂い、悲しみに暮れていた。夏休み開始当時の輝きはどこへやら。部員達の目は苦悩の色に染まり、もっと夏休みが続いて欲しいと願うばかりである。しかし、当然時間というものは待ってくれず、部員達が絶望し、悲嘆しても休みはもうないのだ。それならば、と心機一転した我らは、過ぎ行く「夏」よりも、まさに今迎えつつある「秋」を全力で楽しむことに決めたのである。差し当たっては、「○○の秋」をして24時間過ごしてみよう、と。




 最初は読書の秋。文字を扱う報道部としてはうってつけと言えるだろう。某日昼に部室に本を持ち寄り、優雅な気持ちで読書を開始した。筆者が読んだのは「君の名は。」の小説版である。一度映画館で鑑賞してはいるものの、活字で読むことはまた新鮮で、新たな発見や感動があった。



 次に行楽の秋。行楽とはつまりアウトドアのことで、大学生のアウトドアといえば、そう。ゲームセンターである。少し無理矢理な気もするが、本質的には外出して楽しもう、ということだと筆者は解釈しているので問題ない。早速部員達はゲームセンターに向かった。某提督ゲームで海を見て夏を懐かしんだり、ダンスゲームで汗を流してスポーツの秋を実感したりと充実した時間を過ごした。

 夕方となり、腹の虫が鳴り始めたところで、食欲の秋である。あの真夏の蒸し暑さは何処吹く風と、ともすれば今や肌寒いこの季節。寒ければ温かいものを、と部員達が夕飯に選んだのは鍋であった。ただの鍋では面白くないので、事前に打ち合わせはせずに食材を持ち寄るという闇鍋形式で食べることに。個性豊かな部員達が用意したのは、ネギ、白菜、豚肉、ソーセージ、肉団子、水餃子、マカロニ、ちくわ、キムチと個性豊かな具材が勢ぞろいであった。調理後、いざ実食。味を損なうような具材が入っていなかったことが幸いし、とても美味であった。ただ、筆者は鍋の素としてもつ鍋の素を用意したのだが、部員Tが持ち寄ったキムチのおかげで完全にキムチ鍋となっており、Tはあたかもこの闇鍋を支配しているのは自分だと言うかのような恍惚の表情を浮かべながら食していた。

 腹を満たして満足したところでお次は紅葉の秋である。時期的にまだモミジは仙台には見られないが、なければ作ればいいということで、折り紙でモミジを作ることにした。最初はおぼつかない様子で折っていた部員達であったが、だんだんと慣れ、挙句には「俺はモミジマスターだ」と言い出す部員も現れた。翌日6時まで折り続け、眠気のため倒れた部員Fの傍らには、鮮やかなモミジが咲き誇っていた。

 最後に、報道部御用達、麻雀の秋である。こと麻雀において明らかに熱の入り様が異なる部員達にとっては、涼しく過ごしやすい秋は麻雀に適した季節なのだ。倒れたFも麻雀と聞くや否や即座に復活。昼まで麻雀を楽しんだ。

 ここまで様々な秋を楽しんだ。達成感はひとしおだが、やはり24時間ともなると疲れてしまうのも事実。それを表す部員Kの言葉で本企画を締めくくろうと思う。

「もう秋には飽き飽きだ」
ネタ記事 7022296732569245821

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts