「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました

7月25日、26日に行われたオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました。
記事は特設ページから→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/
また上部メニューの「PDF版はこちら」からはPDF版をご覧いただけます。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【ネタ記事】挑め!リアクション芸! ~おでん・ゴム・ストッキング編~

 「最近の報道部のネタ記事は、全然体を張っていない!」。部員一同が集う報道部会で突如投げ込まれた読者からのタレコミ。ネタ記事とは毎月東北大学新聞の最終面を飾る体当たり企画のことだ。恋愛映画を24時間観続けたり、他大学の新歓に潜入したりなどしている。「そんなことはない」「とりあえず過去の新聞を見てみようか」そう言って過去のネタ記事を追っていくと……。






 「人の頭で一筆書きならぬ『人』筆書き」「架空の妹のためにマフラーを編む」うーむ。内容もとても面白く、思わず笑ってしまうものばかり。その上、体の張り方も肉体的にも精神的にも我々の一歩、いや二、三歩上を行っている気がする。これにはぐうの音も出ない。そんな折に編集長が一言。「それじゃあ、リアクション芸だな!」

 リアクション芸を皆さんはご存じだろうか。自ら身体を張り、それに対するリアクションをとって笑いを誘う芸風の事だ。「体を張る」という目的には打ってつけの企画だ。今回は報道部員に見守られながら三つのリアクション芸に挑戦してみた。

 まずはストッキングを被って引っ張られる芸である。身体を張る芸としては特に痛くも苦しくもない。こんなに簡単なもので笑いがとれるならリアクション芸のハードルは意外にも低いのではないのか、そう高を括っていのだが……。

 次に口にくわえた長いゴムバンドを力一杯伸ばし、不意に離される、いわゆるゴムパッチン芸というものをやってみた。実際に引っ張られると、いつ離されるかわからないのでとても怖い。そしていざ離されると、もの凄い勢いでゴムが口に当たり、激痛が走った。この際、周りの報道部員はややウケといった感じでそこまで笑ってはくれなかった。こっちは不憫な思いで痛い思いをして笑わせようとしているのに……。リアクション芸の壁の高さをここで初めて痛感した。

 最後に熱々おでんを他人にいきなり口につけられるというリアクション芸である。これもゴムパッチン芸と同じく、熱さそのものに耐えるのに必死で周りの笑いを取るような面白いリアクションを取ろうという所まで気が回らなかった。やはりここでも爆笑には至らない。改めてリアクション芸の難しさを実感した。

 三つのリアクション芸をやり終え、過去の先輩方がいかに辛い思いをしていかに面白い記事を書くということにいかに専念しているのかが分かった。多くの人にウケるネタ記事を書いてきた先輩方の足元には到底及ばないということも分かった。偉大な先輩方に続けるようにこれから精進していこうと思う。
ネタ記事特選 6625088100709268195

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts