読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【CD評】「ジギー・スターダスト」 デヴィット・ボウイ

 「小説のようなアルバム」と知人に勧められ、このアルバムを聴いた。なるほど、言い得て妙だ。1曲目の「Five Years」を聴き始めた瞬間から、傑作小説を無我夢中で読み進めるように、38分37秒のアルバムが描き出す世界へのめり込んでいった。




 「ジギー・スターダスト(原題:The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)」はイギリスのミュージシャン、デヴィット・ボウイが1972年に発表した5作目のアルバム。人類の滅亡まであと5年となった地球を舞台に、異星人「ジギー」がロックスターとして成功し、没落するまでを描いたコンセプトアルバムだ。

 一番の魅力は、何と言っても各曲の完成度の高さだろう。「Five Years」の歌詞、「Starman」の高揚感、「Lady Stardust」のピアノ、「Rock N Roll Suicide」の絶叫。どれ一つとっても素晴らしく、何一つ欠けてはいけない。1秒1秒に確かな意味が込められている。

 統一感があり、壮大で、切なく、ノスタルジックで、格好よく……。様々な形容詞を連立して組み合わせなければ、このアルバムを表現することはできないだろう。それほどに多彩な楽曲が収録されている。

 デヴィット・ボウイは今年1月に肝臓がんで逝去した。死してなお、彼が放った「異星人」の最高傑作は私たちの心を打ち続ける。そして、これからも。
CD評 8852581976711067080

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts