読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【さぁくるどうでしょう】(22)―料理サークルBistro

 進学を機に一人暮らしを始める人の多い東北大生。実家暮らしの頃より料理をする機会が増えた人も少なくないのではないだろうか。料理サークル「Bistro」にはさまざまな学部、学年のメンバーが集まり、活動を通じて料理を楽しんでいる。




 Bistroは月に4、5回木町通市民センターを中心に活動している。およそ100人のメンバーが在籍し、毎回の活動には30人弱が集う。一つのレシピに従うのではなく、各自がこれまで経験してきた作り方を共有し試行錯誤しながら料理する。

 活動は調理室での料理にとどまらず、昨年11月からはクックパッド株式会社と共同で和食を海外に広める取り組みも行っている。海外版のクックパッドに肉じゃがやだし巻き卵などの和食のレシピを投稿し、海外の利用者から高い評価を得ているという。「海外の方は和食のレシピを見る機会が少ないので、このような投稿があると喜んでもらえるのではないか」と代表の神田駿哉さん(農・3)は話す。

 来月14日には、萩ホールで開催される東北大学国際祭りへの屋台の出店を予定している。「これを機にどんどん活動を活発にして、人気のサークルにしていきたい」と神田さん。「料理を楽しむことが活動の目的だが、楽しむだけでなく上手く料理できるようになってもらえれば嬉しい」とBistroへの思いを語った。一人ではなかなか料理をしないという人もいるかもしれないが、仲間と楽しみながらする料理を体験してみてはいかがだろうか。

 料理サークル「Bistro」、どうでしょう。
さぁくるどうでしょう 7707693193963279163

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts