東北大学新聞447号読者プレゼント実施中!

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しています!

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
応募〆切日:8月7日必着

応募について詳しくは紙面をご覧いただくか、こちらまで。
上記リンクからも応募が可能です。
皆様ふるってご応募ください!

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

第33回仙台青葉まつり ~政宗記念の年 97万人集まる~

 第33回仙台青葉まつりが先月20日、21日に仙台駅前や定禅寺通りで開催された。今年は伊達政宗が生まれた1567年から数えてちょうど450年。21日の本祭りでは、それを記念して「政宗生誕450周年祝いの儀」が定禅寺通りで執り行われた。




 祝いの儀には、第33回仙台青葉まつり協賛会会長鎌田宏氏や、仙台市長の奥山恵美子氏が出席した。また、伊達家18代当主の伊達康宗氏や、愛媛県宇和島市長の石橋寛久氏や宇和島伊達家13代当主の伊達宗信氏も駆け付けた。仙台市と宇和島市は、伊達政宗の子秀宗が宇和島班初代藩主であったことから、姉妹都市として友好関係を築いている。政宗生誕450周年にあたって、鎌田氏は、「政宗公と仙台の郷土を感じるとともに、この祭りが震災からの復興をさらに加速する原動力となれば」と語った。

 鎌田氏らのあいさつが終わると、仙台木遣り会による木遣りが熱唱され、定禅寺通りは幻想的な雰囲気に包まれた。木遣りとは、山から木を運ぶ時など大人数で力仕事を行うときの掛け声をもとにした労働歌である。歌い手の減少に伴い、木遣りは衰退の一途をたどっていたが、2014年に仙台木遣りの楽譜が見つかったことを契機に、同年に開催された第30回青葉まつりにおいて復元された。以降青葉まつりでは毎年仙台木遣りが歌われている。

 最後は鎌田氏による伊達の一本締めが行われた。伊達の一本締めとは、日本、唐土(現在の中国)、天竺(現在のインド)の三国一の武将になるという伊達政宗の夢を祈願して家臣たちが行った手拍子である。当日は鎌田氏の合図に合わせて観客もそろって一本締めを行った。「よぉ~ぱぱぱん、よぉ~ぱん」息の合った手拍子で祝いの儀は締めくくられた。

 協賛会によると今回の祭りに足を運んだのは2日間でのべ97万1000人。当日はすずめ踊りのステージや山鉾の大行列、時代絵巻巡行などさまざまな企画が行われ、来た人を魅了した。
イベント 4647429068634482987

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts