報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

【書評】『憲法主義~条文には書かれていない本質~』 内山奈月・南野森 PHP文庫

 皆さんは「憲法」について考えたことはあるだろうか。憲法とは、国の基本的な在り方を定めたルールのことを指す。おそらく中学校の公民や高校の現代社会科などでその概要について学んできたであろう。今回はこの「憲法」について高校生の視点から書かれた本を紹介する。




 『憲法主義~条文には書かれていない本質~』(著・内山奈月、南野森)という本がある。当時高校生であり、AKB48の現役メンバーでもあった内山さんが九州大学法学部教授である南野さんから憲法について講義を受けた様子を書籍化したものである。

 憲法は難解で、自分たちとは遠い世界にあると考えている人は少なくないだろう。しかし、憲法は私たちが生活する社会を根底で支えている。この本ではそんな憲法の基本的な考え方、そしてそれが社会にどう作用しているかを分かりやすく解説している。

 本書は初めて憲法に興味を持った人向けに書かれており、読むにあたって専門的な知識は必要とされてはいない。しかしながら、扱われている内容は憲法のエッセンスを満遍なく取り上げている。それゆえ、この本を足掛かりにより憲法について理解を深めることができる。

 各々の興味や目標のために皆さんは大学で専門分野の学習に励んでいることであろう。しかし、大学生は自分の専門領域だけを学ぶ傾向がある。さまざまなことに興味を向けて学ぶことが非常に望ましい。

 少々実用的な話になってしまうが、教員免許を取得する際には「日本国憲法」の単位が必要である。また、公務員試験には憲法が試験科目として置かれている。そのための予習としてこの本を読む価値は大いにある。

 現政権が憲法改正に向けて本格的に準備を開始した。その是非について大学生である我々が判断するときが近い将来やってくるかもしれない。そのときに向けてこの本を読んで憲法に興味を持ってみてはいかがだろうか。
文芸評論 2268219746710164449

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts