報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

祝・七大戦連覇!448号(次号)で特集します

東北大学が今年の七大戦も制覇、2年連続14度目の総合優勝を飾りました!
14度目の総合優勝は、京大に並び最多タイです。
参加団体の皆様おめでとうございます。
次号の東北大学新聞では七大戦優勝を取り上げます。発行は10月中~下旬です。
合わせて、北海道胆振東部地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

東北大学新聞447号読者プレゼントを実施しました

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しました。

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
※応募は締め切りました。

当選された方には招待券を送付いたしました。ぜひお楽しみください。

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【告知】学友会応援団定期演奏会 来月18日 ~吹奏部 音楽で観客に元気を~

 本学学友会応援団第二回定期演奏会が、来月18日、仙台銀行ホールイズミティ21にて開かれる。




 学友会応援団は、リーダー部、チアリーダー部、吹奏部の三パートから構成される。応援団と言えば、体育部の試合での応援や三社祭での演舞など、リーダー部やチアリーダー部の活動が目立つ。今回は吹奏部による演奏がメイン。普段とは少し違った応援団の側面を見ることができるだろう。

 吹奏楽部とは違った、応援団吹奏部の魅力とは何か。吹奏部長の新井雄大さん(教・3)は、「応援団として、見る人を励ますことにある」と語った。

 例えば試合での応援において、観客や選手を盛り上げるため、迫力のある音を作る必要がある。そのため例年、楽器に思いきり息を吹き込む、「ブレス」の練習に力を入れる。また、工夫することは音だけにとどまらない。観客が目で見ても楽しむことができるように、演者は表情や目線にも気を配る。活気ある姿を見せることを、演奏と同じくらい大切にしているという。

 以前は10人程度とかなり少人数だった応援団吹奏部。現在では30人を超える。そのため、大きな音を出すことのみならず、表現の工夫にも精力的に取り組めるようになった。迫力ある音一つをとっても、その音がどういった雰囲気を持つかによって、演奏に明確な違いが出てくる。厳かなものか、あるいは明るいものか。表現の幅を広げることで、よりクオリティーの高い演奏を届けることができる。

 その一方、入部者の半分以上は楽器初心者。技術指導など苦労する面もある。それゆえ、「固定観念にとらわれない、自由な音作りをすることができる」と指揮者の中野裕(薬・3)さんは話す。部員一人ひとりが試行錯誤しながらも、思い思いの音楽を奏でる。そうしたところにも、応援団吹奏部の魅力がありそうだ。

 演奏会は3部構成。演奏曲は、クラシックからポップスまでとバラエティー豊か。チアリーダー部との共演のほか、盛りだくさんの内容となっている。どんな人でも楽しめる演奏会となりそうだ。開場13時30分、開演14時。入場無料で、曲間の出入り自由。
告知 6465094198680987914

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts