報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

漫画研究会 コミケ出展 ~憧れの地で刺激受ける~

 「コミックマーケット93」(通称:コミケ)が昨年12月29日から31日にかけて東京都江東区の東京国際展示場で開催され、東北大学漫画研究会が出展した。漫画研究会コミケ係の泉澤史也さん(理・1)に話を伺った。




 コミケとは漫画・アニメ・ゲームその他周辺ジャンルの自費出版本の展示即売会の一つである。自費出版本の展示即売会の中では日本最大規模を誇る。漫画研究会ではコミケで最新の部誌と過去の部誌の計4種類を出展、販売した。

 漫画研究会では部誌作成が年に2回ある。泉澤さんは「部誌を作成する時は学祭などの展示原稿作成とは意気込みが違う」と話す。展示原稿は短めであるのに対して、部誌の原稿は長編となる。さらに、部誌として実際に販売することから買い手のことも考えなくてはならない。作品の中に詰め込む技法・内容により工夫を凝らす必要もある。

 コミケでは数多くのサークル、団体が出展する。「コミケでは自分の好きな絵師も一緒に参加している。踏み込めなかった所に踏み込めた感じがして、感動する」とも話す。実際に大規模のイベントであるコミケを通じて改めて漫画作成をしているという自覚が得られる。また、「今回は実際に部誌として本を販売したが、いつかは個人で本を出展、販売したい」と強く意気込む。会場で周りのクリエイターから多くの刺激を受け、漫画に対する情熱が沸き上がっているようだ。

 コミケのような展示即売会系のイベントは多くの人々が一斉に集い、祭りのような盛り上がりを見せる。現在、漫画研究会では即売会への出展はコミケの出展のみと考えている。「コミケは皆と一緒に趣味に生きる場所であり、憧れがある」とコミケへの深い思いを馳せる。

 仙台から遠く離れた東京でのイベントに出て、自らの活動の幅を広げようと動く東北大学漫画研究会。部全体としても各部員もやる気に満ちあふれている。どのように活動の領域を開拓していき、どんな創作活動を展開していくのか今後に期待したい。
サークル活動 4052229302941509548

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts