報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【ネタ記事】服を着込んで寒さ対策 ~みやびな十二単を目指して~

 あぁ、寒い。雪が降ってきましたね。こんな夜はこたつに当たって、鍋でもつつきたいものです。それでは、近所のスーパーに買い物に行きましょうか。おっと、そんな恰好では風邪をひいてしまいますよ。仙台の冬は、あまり優しくはないようですから。

 そうだ 重ね着、しよう――




 さて、気分はまさしく京都にいるのだけれど、場所は部室。あの情緒あふれるCMソングも吹き飛んでしまうほど、ただただ寒いクリスマスイブに挑戦するのは「十二単」だ。十二単とは、平安時代の女性用の装束のこと。街にはクリスマスの歌が流れるイブに、恋人のいない寂しさを洋服で満たそう、ということで、上着を12枚着てみた。

 まずは、ヒートテックを2枚着た状態からスタートした。ちなみに、関東出身の筆者にとって、初めての仙台の冬はとても厳しい。厳しすぎる。末端冷え性であるため、特に足は、感覚がなくなるほどに冷たい。そんな筆者はいつも、着膨れしない程度に重ね着をしている。ヒートテックは、常に2枚身に着けている。寒がりには必需品だ。

 3枚目はストライプのシャツ。序盤は薄手のシャツで枚数を稼ぐ作戦だ。続けざまに、赤のチェック、ピンクのチェックを羽織っていく。さすがとんぺー生。私物のシャツにはチェック柄が多い。

 しかし、6枚目となる花柄シャツ。「うわ、きっつ……」筆者の表情が曇り始める。肩回りが締め付けられるような感じになる。続くドットチェック柄のシャツを気合で着込む。しかし、8枚目の赤のブロックチェックシャツを迎えた時、筆者の体の可動域はすでに限界だった。「先輩、これ着させてください……」この8枚目以降、その場にいたS先輩に、着付けをする衣紋者(えもんじゃ)の役をしてもらう。

 9枚目は黄色のチェックのジャケット。今更ながら、派手な服を多くチョイスしてしまった。取り合わせの美など、ガン無視である。S先輩に手伝ってもらって何とか袖を通す。10枚目の緑のチェックのブルゾン、11枚目の緑のトレンチコートは、袖部分にゆとりがあったのが功を奏し、楽に着ることができた。しかし、肩に乗る重量はすさまじい。身動きをとるのも容易ではない。十二単の大変さを痛感した筆者であった。

 そして、ついに最後の12枚目。筆者が選んだのは、朱色の半てん。肌寒いワンルームで、筆者が常日頃から愛用しているものだ。その色からは、京都・嵐山の紅葉が目に浮かぶようである。今まで着てきた11枚の服の上に着ると、うん、なんとなく十二単に見えなくもない。さらに部員Mに借りた黒のスカートを合わせ、部室にあったけん玉を手に正座してみると、おぉ、確かにそれっぽい!  見える、見えるぞ! 筆者の後ろに渡月橋が見える! 

 そんなこんなで疑似京都気分を味わいテンションの上がっていた筆者であったが、一枚一枚服を脱ぐ度に現実に引き戻される。そして最初のヒートテックだけに戻ると、重ね着をしたためにかいた汗で体が冷える。「うぅ、さむっ……」味気ない部室でもそもそと服を着こむ筆者なのであった。そうだ、今年は京都、行こう……。
ネタ記事 8312392266214040974

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts