東北大学新聞447号読者プレゼント実施中!

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しています!

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
応募〆切日:8月7日必着

応募について詳しくは紙面をご覧いただくか、こちらまで。
上記リンクからも応募が可能です。
皆様ふるってご応募ください!

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

羽生結弦凱旋 杜の都熱狂 ~「ありがとう」の言葉響くパレード~

 羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードが先月22日、仙台市青葉区の東二番丁通りで行われた。羽生選手が平昌(ピョンチャン)冬季五輪男子フィギュアスケートで金メダルを獲得してから2カ月。羽生選手の偉業を祝おうと、4月の仙台は熱気に包まれた。
(写真特集ページはこちら




 23歳の若さで冬季五輪連覇を果たした羽生選手。連覇を祝う様子はパレード前から見られた。金メダルを獲得した直後から、市内では「羽生選手連覇おめでとう」の横断幕やボードが掲げられた。パレードの実行委員会では、運営資金調達のために記念Tシャツを発売。パレード前日までに約7万枚を売り上げた。

 パレード当日も、盛り上がりは早朝からヒートアップした。午前6時、同区の商業施設AER(アエル)では、連覇を記念し製作されたラバーバンドを求め、100人近くが並んでいた。中には、記念Tシャツを着てラバーバンドを求めるファンも。予定を1時間半早めた午前7時半に販売が始まり、ラバーバンドを購入したファンは笑顔を浮かべた。

 パレード会場となる東二番丁通りは、近くから羽生選手を一目見ようと、歩道に多くのファンが早くから駆け付けた。中には特製の横断幕やプラカード、うちわを持つファンや、羽生選手の好きなディズニーのキャラクター「プーさん」を抱えたファンも見られた。

 10万8千人の観衆が見守る中、午後1時15分に羽生選手が登場。東二番丁通りは大きな歓声に包まれた。出発地点では出発式が行われ、村井嘉浩宮城県知事からは県民栄誉賞と玉虫塗の皿が、郡和子仙台市長からは賛辞の楯と堤人形がそれぞれ羽生選手に贈られた。

 一方、羽生選手は県と市にそれぞれ500万円を寄付。「震災復興にお役立てください」と声をかけて村井知事と郡市長に手渡した。羽生選手は式典の担当者や観衆に深々と礼をして、笑顔で謙虚に振舞った。

 出発式が終わると、羽生選手は用意されたトラックの上に乗り込み、1・1キロのコースをパレードした。道路の両サイドから「おめでとう」「ありがとう」の声がかけられ、羽生選手はファン一人ひとりに視線を向けるかのように丁寧に手を振った。時には平昌五輪のフリープログラムで演技した「SEIMEI」の決めポーズを披露し、会場を盛り上げた。

 パレード終了後、羽生選手は仙台市役所で会見に臨み、パレードの感想を語った。「僕自身ワクワクしていた」とパレード当日が待ち遠しかったそうで、声援を受けて「温かい目やおめでとうの声とかが心に、また脳裏に焼き付いた。一人ひとりの顔を見るように努力した」と振り返った。一つ一つの瞬間を大切にする羽生選手らしい発言だった。

 この会見には、小紙のほか、青山学院大と古川学園高(宮城県大崎市)の新聞部が学生記者として参加した。会見の最後に古川学園高の新聞部員から、夢を実現させるために必要なことは何かと質問。羽生選手は「夢を叶えるために犠牲にするものがあるが、やり続けているからこそ達成できる。何も恐れずに夢にかけてほしい」と答えた。最後には「頑張ってください」とエールを送った。

 羽生選手の活躍と立ち振る舞いに東北じゅうが沸き立ち、同年代の若者に勇気づけられた。羽生選手の今後の活躍を祈りたい。
イベント 7675395452170479291

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts