「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【漫画評】『はれた日は学校をやすんで』 西原理恵子 双葉文庫

 何故学校に通わなくてはならないのか――誰しも一度は考えたことのある問いではないだろうか。そして私たちはその問いに対して、明確な答えを見いだせているだろうか。




 今回紹介したい作品は、西原理恵子の『はれた日は学校をやすんで』。1990年代に雑誌で書かれた短編漫画の自選集である。西原が得意とするブラックユーモアの効いた作品もあれば、代表作『いけちゃんと僕』のような深い読後感を与える作品も収録されている。バランスの取れた作品集だろう。

 表題作の主人公は中学生の多感な少女「めぐみ」。めぐみは自らの置かれている立場、そしてそれに求められる態度を把握している一方、自分自身の気持ちの整理ができていない。そのため、つい学校を休んでしまう。淡い筆致で描かれる、思春期の微妙な心の揺れ動きを、もどかしいほど感じられるだろう。

 穏やかに見守る父に少し厳しい母、同じ年代だからこそ諭す同級生、孤独な中年担任教師などとの交流を通じて、めぐみは少しずつ大人になっていく。そうして成長していくにつれ、めぐみは学校に通うことを受け入れていくようになる。だが、めぐみは最後にある思い切った行動をする。鮮やかに描かれたそのシーンには、作者の強いメッセージが込められている。

 人間は、個人的な事情よりも社会性を重んじなければならないことが多々ある。だから皆、休みたい気持ちや逃げたい気持ちと折り合いをつけ、何とか乗り越えていく。しかしそれがどうにも苦手な人もいる。「どうしてそんなこともできないのか」。かつてそんな言葉を投げかけられたことがある人は確かにいるはずだ。作者が軽やかに描くラストシーンは、そうした人々を受容し、肯定してくれる。一人ではない、味方はいるのだ、と細やかながら強く伝えてくれる。

 この『はれた日は学校をやすんで』は表題作以外にも名作が揃っている。日々の中で何となく疲れて、投げやりになってしまった時、この漫画を開いてみると良い。この作品はそんなあなたに寄り添ってくれるだろう。
漫画評 6023854132538027400

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts