「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【ネタ記事】仁義なき二人羽織対決② ~おでん~

 第2戦はおでん対決。先におでんを食べ終えたチームが勝者となるこの戦いで、チームシーフードの選手は筆者Nと後輩U、チームしょうゆは後輩のKとTだ。




 チームシーフードは、腕が短く、食べさせる側には向いていないという理由で、筆者Nがおでんを食べる側を務める。一方、チームしょうゆは、お腹が空いた後輩Kがおでんを食べることを志願。次に、じゃんけんで食べる具を決める。筆者Nの具は糸こんにゃくと卵、後輩Kは大根とがんもどきになった。

 筆者Nの器にからしを入れようとする後輩Kと辛い物が嫌いな筆者Nでひと悶着した後、第2戦スタート。「もっと右」、「手前に運んで」などの指示をし、後輩Uに糸こんにゃくを食べやすい位置に持ってきてもらう。まずは一口。熱々だと思っていたが、正直ぬるい。やけどを心配せず、どんどん食べ進めようとする。しかし、一口が小さいせいで、なかなか完食できない。

 筆者Nが苦戦していると、後輩Kが一言。「ごちそうさまでした」。なんと圧倒的差をつけられ、敗北を喫した。後輩Kの器を見ると空になっており、汁すら残っていない。後輩Kよ、そこまで空腹だったのかい。

 勝敗は決まってしまったが、ここでやめるわけにはいかない。糸こんにゃくはいったん放置し、卵を一口で頬張る。すると、「もぐもぐもぐもぐごっくん。もぐもぐもぐもぐごっくん。あーおいしい」という声が聞こえてくる。発生主は満面の笑みを浮かべた後輩K。筆者Nが食べるのに合わせて、ひたすら擬音を発し笑わせてくる。文句を言いたいが、卵を頬張っているせいで、話すことができない。不満を込めて、ひたすら卵をかみ続ける。口の中が卵でいっぱいになり、呼吸がしづらい。涙目になりながらも、なんとか食べ終えた。残っていた糸こんにゃくも続けて完食。第2戦は幕を閉じた。

 結果はもちろん、チームしょうゆの圧勝。一番の勝因は後輩Kの空腹だったのではないかと、空になった彼の器を見て思う筆者Nであった。
ネタ記事 5544147625667114061

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts