作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【ニュース】本学 ブラック企業大賞の特別賞を受賞 解消と改善へ

 東北大学がブラック企業大賞2013特別賞に選ばれた。第二回となる本賞であるが、今回はワタミフードサービス株式会社や株式会社ベネッセコーポレーション(以下「ベネッセ」という。)に加え国立大学法人東北大学がノミネートされ大きな話題となった。



 ノミネートに際しては、法に抵触する行為、若しくはそれに準ずるグレーな行為があったことやパワハラ事件が発生したことなどが選定基準とされている。本学の場合、病院薬剤部助手の自殺(‘07年)、及び工学研究科准教授の自殺(‘12年)、理学部における卒論受け取り拒否による学生の自殺(‘08年)とセクハラ問題(‘13年)などがノミネート理由とされた。ネット投票の結果、本学は三位のベネッセの三倍に近い3472票を獲得しネット投票二位、残念ながら特別賞を受賞した。

ブラック企業大賞企画委員会は東北大学について、教員二名の死亡事故を挙げ「すべての教職員と学生が安全に暮らせるようにすべき」と述べた。


「ブラック」評価の解消を目指す 兵頭英治 副学長

今回の受賞について兵頭英治副学長(法務コンプライアンス担当)にお話を伺った。

―大学側は今回の受賞についてどのように考えているのか

 裁判中の事案もあるので個別の事案へのコメントは差し控えさせていただくが、事故を決して忘れないという思いは皆にあるし、ご遺族の悲しみが容易に癒されるものではないが大学としても誠心誠意尽くして対応してきたところである。今回の受賞という報道で学生や教職員に心配な思いをさせて申し訳ない。このような形で取り上げられるのは極めて不本意で残念だ。外部からのそのような評価も解消してやるぞという思いも持って悲しみを根絶する取組に全力を尽くしていきたい。

―今後、どのような行動を起こしていくのか

 東北大学として「ブラック」と呼ばれるものを決して許容しないという基本姿勢をキチッと示していく。同時に、社会の模範たるべき公器として、またワールドクラスの教育研究機関として「人が集い、学び、創造する、世界に開かれた知の共同体としての大学」を構築していかなければならない。先般里見総長が発表した里見ビジョンの理念にもあるように教育研究現場力の向上を目的とし、すべての教職員・学生が相互に人格・尊厳を尊重し合うやりがいのある環境を作っていく。具体的には「日常から追い込まれる環境をいかになくすか」と「万が一追い込まれた時の個々人の支援(セーフティーネット)」を柱としていく。また、それらでカバーできない表面化しにくい問題を解消するために全体としてハラスメントを意識していくオープンな環境の構築を目指す。ハラスメントはその基準が個人によって異なり、ある一律のラインを設定することが難しい。それでも繰り返し訴えかけを行い、一人ひとりがその問題を正しく理解し、行動していくことこそが決め手と考えている。

―最後に学生、教職員に一言

 「ブラック」やハラスメントは深刻な人権侵害です。誰もが被害について救済を求める権利があります。大学は皆さんの悩みや困難を真摯に受け止め、秘密厳守で一緒に考えます。一人で悩まないでください。大学は責任を持って皆さんの力になることを約束します。

ニュース 6811253662702599838

コメントを投稿

  1. 教育環境のずさんな体制が明るみに出た東北大学だが、この記事だけだと、学生新聞が機能しているようで、まだ光が見える。
    が、数々の悪質な犯罪を繰り返しても、反省・謝罪をすることはなく、被害者を首にし、犯してきた組織ぐるみの諸犯罪にふたをしようとした、上智大学、「組織ぐるみ」の悪質犯ら(=腐り切った教授ら、神父ら、職員ら)には、刑務所の中で死んでもらう。
    上智の悪質犯らを、全員再刑事告訴。(平成28年3月29日、東地特捜第2295号事件、刑事告訴、現在進行中=日本のマスゴミら、隠蔽中)
    *上智の悪質犯らを、馳浩大臣に通報。(平成28年6月14日)

    返信削除

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts