読み込み中

【告知】Tohoku INVENTOR 25日に開催 ~学生に研究のきっかけを~

 大学生による分野横断的な研究発表、ワークショップを行うイベント「Tohoku INVENTOR」が、今月25日東北工業大学一番町ロビーにて開催される。「東北からわくわくするアイデアを発信する」をコンセプトに、高校生や大学1、2年生に向けて自主研究を始めるきっかけを提供する。




 本イベントは第1部「自主研究発表会」と第2部「DORAVENTOR」の2部構成。第1部では、学部生による研究発表が行われる。全国の大学生が自主研究の成果を発表する「サイエンス・インカレ」で上位入賞した学生を含む6人の発表を見ることができる。第2部では来場者が5、6人一組のグループに分かれ、学生と科学技術で将来実現したい発明品について議論するワークショップが行われる。

 学生にとって、大学で研究室に入るまでは自分だけで課題を発見、調査し発表することは困難だ。本イベントを運営するTohoku INVENTOR実行委員会創設メンバーの三宅杏美子さん(工・3)は「例えば家の周りの雑草を調べてみることも研究。研究することに対する敷居を下げていきたい」と話す。また、本イベントが「文系の学生と理系の学生の両方にとって気軽に自主研究を始められるきっかけになれば」と意気込みを聞かせてくれた。

 本イベントは参加無料。11時開会で第1部は11時45分、第2部は13時45分から開催される。
告知 647792281831385179

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts