就職データ

Pick Slider Label

東北大学新聞447号読者プレゼント実施中!

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しています!

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
応募〆切日:8月7日必着

応募について詳しくは紙面をご覧いただくか、こちらまで。
上記リンクからも応募が可能です。
皆様ふるってご応募ください!

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

item-thumbnail

【ネタ記事】W杯を料理! ~半端ない3品を作る~

 2018 FIFAワールドカップが先月14日から今月15日にかけてロシアで開催された。日本代表は見事にグループリーグを突破し、決勝トーナメントでベルギーに敗れるも、ベスト16という好成績を収めた。そこで今回はワールドカップで日本と対戦した国を文字通り「料理」して、対戦国の文化へ...

item-thumbnail

【告知・研究成果】スパコン「MASAMUNE-IMR」公開 ~計算材料学で世界的なリードを~

 本学金属材料研究所計算材料学センターが来月1日から運用を開始するスーパーコンピューティングシステムの愛称が「MASAMUNE-IMR」に決まったことを受け、今月12日、「MASAMUNE-IMR」のスーパーコンピュータ(スパコン)筐体を報道陣に公開した。本学でスパコンにまつわる...

item-thumbnail

【告知】ディズニー・アート展 ~日本初上陸の原画 目白押し~

《ミッキーのハワイ旅行》より 1937年 Ⓒ Disney Enterprises, Inc  「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が、先月16日から、仙台市の宮城県美術館にて開催されている。会場は多くの人でにぎわいを見せる。

item-thumbnail

【復興の今】イチエフの座標、フクシマの道標 後編 ~見えた福島のこれから~

 連載でお届けしている「イチエフの座標、フクシマの道標」。河北新報社福島総局のご協力の下、福島第一原子力発電所(イチエフ)を今年2月に視察した様子をお伝えしている。前号では1号機から4号機の姿を追った。最終回となる今号でも視察の様子をお伝えする。

item-thumbnail

【働くこととは】⑲―「自然派ビュッフェレストラン 六丁目農園」代表 渡部哲也さん

 今回の「働くこととは」は、「自然派ビュッフェレストラン 六丁目農園」代表の渡部哲也さん。六丁目農園は障害福祉サービス事業所で運営しており、就業者の約6割が障害者である。「人間は生まれたからには、役割を持っている」。仙台随一の繁盛店のオーナーに、仕事の極意を伺った。

item-thumbnail

小説『マーゴットのお城』出版 本学加齢研在学・桜咲ゆかこさん ~教授の言葉が後押しに~

 本学加齢医学研究所に在学中の桜咲ゆかこさん(ペンネーム、博士4)の小説『マーゴットのお城』が先月、今人舎から出版された。脳科学の研究にいそしむ傍ら、自身初の著書を出版した桜咲さんに話を伺った。

item-thumbnail

【研究成果】月からの隕石にモガナイト ~水の存在証明へ~

 先日、本学の研究チームが、月から飛んできた隕石の中に鉱物「モガナイト」が含まれていることを発見した。モガナイトとは水の蒸発によって生成される鉱物の一種で、今回の発見により、月の表面では太陽光による熱で水が蒸発してモガナイトを生成し、月の地下では低温環境であることから氷として埋蔵...

item-thumbnail

SNSで話題の理学部紹介動画 ~科学者の飽くなき挑戦~

 本学理学部紹介動画「東北大学理学部・理学研究科 SCIENCE CHALLENGERS」が4月4日に公開され、その内容が大きな話題となっている。今回は、動画制作の経緯や反響について理学部広報・アウトリーチ支援室(以下、広報室)の高橋亮さん、佐和由紀さん、千葉淳さんに話を伺った。...

item-thumbnail

【ネタ記事】UFO呼んでみた・前編 ~未知なる出会いを求めて~

 6月28日が「パフェの日」であることを皆さんはご存じだろうか。5月中旬にそれを知った筆者は、「パフェの日に食べるパフェは思い出深いものにしたい」という思いが生まれた。

item-thumbnail

【七大戦2018】学友会空手道部 ~部員同士で高め合う~

 七大戦空手道競技が今月15日に北海道大武道館にて開催される。学友会空手道部主将の丸山航希さん(工・3)に七大戦への意気込みを伺った。

item-thumbnail

【書評】『ガイコツと探偵をする方法』 レイ・ペリー 創元推理文庫

 推理小説には殺人がつきもの、そして殺人には死体がつきものだ。おぞましい死体となった被害者の描写を怖がりながらもひそかに楽しみにしているミステリ・マニアも多いのではないだろうか。

item-thumbnail

【書評】『F・O・U 一名「おれもそう思う」』 佐藤春夫 くぇい兄弟社

 人間はいつだって自分の信じるものしか信じない。時には盲目的になってしまうかもしれないが、本人にとっては信じた世界がすべてであるのだ。『F・O・U 一名「おれもそう思う」』はそんな人間の心理を巧みに描いた作品である。

item-thumbnail

【書評】『神様2011』 川上弘美 講談社

 川上弘美さんの小説が好きだ。幻想的で不思議な雰囲気なのに、どこか日常を思わせる。例えば、本書に収録されている「神様」の冒頭。「くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである」

item-thumbnail

【書評】『お茶のすすめ』 川口澄子 WAVE出版

 本書の見どころは、著者が経験を通して茶の湯の世界を自分なりに紹介していることだ。茶道の所作や文化をはじめとして、その世界に踏み込んでから誰もが一度は抱くような疑問などがあり、ある意味の「入門書」といえる。

item-thumbnail

むすび丸ジェット 宮城の空に ~機内でもエプロンで盛り上げ~

 仙台空港を発着するIBEXの路線では現在、「むすび丸ジェット」が運行されている。宮城観光PRキャラクターであるむすび丸がプリントされた飛行機が宮城県の空を翔ける。

item-thumbnail

【映画評】「グラン・トリノ」 Clint Eastwood監督・主演 2008年公開

 人生の終わりに、人は今までの行いに対して決着をつけなければならない。例え命を懸けてでも……。

item-thumbnail

【漫画評】『はれた日は学校をやすんで』 西原理恵子 双葉文庫

 何故学校に通わなくてはならないのか――誰しも一度は考えたことのある問いではないだろうか。そして私たちはその問いに対して、明確な答えを見いだせているだろうか。

item-thumbnail

【ネタ記事】報道部新入生企画「ふやしおに」 ~周囲を疑う目を養え!~

 報道の現場は何が起こるか分からない。状況は刻一刻と変わる。事件は会議室で起きているわけではなく、いつだって現場で起きている。記者たるもの、眼前の出来事を瞬時に見定めなければならない。特大スクープとなれば、なおさらだ。一瞬の油断が命取りとなり、時として仲間でさえも、疑いの目を向け...

ホーム index

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (112)

Twitter

Facebook

Random Posts