就職データ

Pick Slider Label

「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

item-thumbnail

【東北大学祭2018】健口フェスタ2018 ~口の中を知る~

 「健口フェスタ2018」が学祭2日目から3日目にかけて開催された。企画したのは、歯科医療研究会。A101教室に、「自分のお口の中」を知るためのブースが作られた。

item-thumbnail

【東北大学祭2018】(未)成年の主張 ~胸に秘めた思い叫ぶ~

 「(未)成年の主張」が学祭2日目に、広場ステージで行われた。本企画は人気番組「V6の愛なんだ」シリーズ内で行われているコーナー「未成年の主張」からインスパイアされた企画だ。「普段誰かに言いたいことがあるがどうしても言い出せない……」という人たちが、大勢の観客の前で自身の思い...

item-thumbnail

【東北大学祭2018】3万3,000人が来場 ~団結して作り上げた学祭~

 第70回東北大学祭が今月2日から4日の3日間にわたり本学川内北キャンパスを中心に開催された。数多くの団体が出店しかなりのにぎわいを見せ、まさに今年のスローガンである「笑う祭(フェス)には福来たる」を体現する学祭となった。

item-thumbnail

【特別インタビュー】JAMSTEC ODSグループリーダー 斎藤 実篤 氏 ~海上掘削船で地球深部へ~

 今回は国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋掘削科学研究開発センター(ODS)掘削情報科学研究開発グループのグループリーダーである本学出身の斎藤実篤さんに話を伺った。斎藤さんは、これまで15回以上「ジョイデス・レゾリューション」「ちきゅう」などの科学掘削船に乗り...

item-thumbnail

次世代放射光施設 青葉山に ~精度向上で産業に貢献へ~

 次世代放射光施設が本学青葉山新キャンパスに整備されることが決まった。2023年の運用を目指す同施設をより利用しやすい環境にするため、本学多元物質科学研究所(多元研)は「放射光産学連携準備室」を設置し、受け入れに向けて動き出した。

item-thumbnail

【特集】文学の歴史紡ぐ東北の作家たち ~芥川賞作品を多数執筆~

 今、東北文学が熱い。今年7月18日に発表された第159回芥川賞に、青森県十和田市出身の作家・高橋弘希さんの『送り火』が選ばれた。『送り火』は、中学3年生の主人公が引っ越してきた青森県の田舎町を舞台に、廃校寸前の中学校で行われているいじめを描いた作品である。東北地方の豊かな自然や...

item-thumbnail

【ニュース】「貧食カレー」が復活 ~懐かしの味 レトルトで再現~

 東北大学記念グッズ「川内第2食堂普通カレー」が9月20日に発売された。1967年に開店して以来、2008年に閉店するまで、本学学生の胃袋と懐を支えた川内第2食堂、通称「貧食」で提供されていたカレーの味を再現したレトルトカレーだ。

item-thumbnail

【生協インタビュー】冬木勝仁理事長・峰田優一専務理事 ~学生の生活支え続けて70年~

 東北大学生活協同組合は今年で創立70周年を迎える。70年間、本学学生の生活を支え続けてきた生協について、理事長の冬木勝仁教授と峰田優一専務理事に話を伺った。70周年企画や、今後の取り組みなど、生協にまつわるさまざまなテーマでお話しいただいた。

item-thumbnail

【書評】『街の灯』 北村薫 文春文庫

 男女共同参画社会という言葉が当たり前のものになって久しい。男女平等への社会の理解は徐々に進んでおり、表立って「男の仕事」、「女の仕事」などと決めつけられる職業は今では少なくなっている。

item-thumbnail

【研究成果】次世代電池 完成へ一歩 ~研究チーム 超高速充放電に成功~

 本学、東京工業大および日本工業大の共同研究チームが、高出力な全固体電池の超高速充放電を実現した。リチウムイオン電池に代わる次世代電池の完成に向けた、大きな前進だ。

item-thumbnail

定禅寺ジャズフェス特集 ~市民が奏でる音楽の祭典~

 「定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台」(以下、ジャズフェス)が、先月8日から9日にかけて仙台市中心部で開催された。第28回を迎える今年のテーマは「伴走」。全国各地から700以上のバンドが集まり、全47ステージでさまざまな種類の音楽を披露した。本学からも、学友会アカペラ...

item-thumbnail

西日本豪雨被災地ルポ ~崩落した路肩、床覆う泥…~

 今年は各地で気象災害が相次いでいる。大阪北部地震や全国での記録的猛暑があったほか、台風21号による暴風と高潮、北海道胆振東部地震も記憶に新しい。各災害で被災された方々に心からお見舞い申し上げる。

item-thumbnail

【秒撮】どうぶつフェスタ開催 ~人と動物の関わりを知る~

 「どうぶつフェスタ in MIYAGI 2018」が先月24日、仙台市青葉区の勾当台公園市民広場にて開催された。このイベントは宮城県獣医師会と仙台市獣医師会が主催し、人と動物の絆のために楽しみながらペットに役に立つことや働く動物の活動を勉強できるイベントである。

item-thumbnail

【ネタ記事】萩の月作ってみた ~仙台名物を自宅で再現~

 仙台のお土産と言えば何だろうか。牛タン・ずんだ餅・笹かまぼこ……数多あるものの中からその筆頭に選ばれるものは、「萩の月」だろう。

item-thumbnail

【ネタ記事】キャッパーに挑戦 ~目指せ最高のバカッコイイ!~

 ふとニュースで「若者の間で流行!」というテロップが流れた。そこでは学生がキャップを飛ばして遊んでいる姿があった。彼らは「キャッパー」と呼ばれ、親指と折りたたんだ中指でペットボトルのキャップをはさみ中指で弾いて飛ばし、かごの中へ放り込んだり、的に当てたりする。

item-thumbnail

【リベラルアーツサロン】第54回「イエ亡き時代の死者のゆくえ—〝死者の記憶〟のメカニズム—」

 第54回リベラルアーツサロン「イエ亡き時代の死者のゆくえ—〝死者の記憶〟のメカニズム—」が9月28日、せんだいメディアテークにおいて、宗教民俗学や死生学を主に研究している鈴木岩弓総長特命教授を講師に招き開催された。会場には年齢や性別を問わず多くの人が集まった。講演のテーマは「死...

ホーム index

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (119)

Twitter

Facebook

Random Posts