進路データ

Pick Slider Label

2019年度の新歓情報について

2019年度の新歓イベントの詳細はこちらのページに掲載しております。説明会情報も更新しました!
今年度最初のイベントは4月6日(土)に開催されるSpring Festivalになります。お気軽に足をお運びください!

「受験生応援号」を今年も発行します!

学友会報道部では、今年も前期試験を受験する受験生を応援すべく、「受験生応援号」を発行します!
2月25日、26日と川内・青葉山の各キャンパスで配布も行います。ぜひ手に取ってご一読ください。
特設ページでの記事配信も行います。特設ページはこちら

報道部部室が戻ります!

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転していましたが、2月18日(月)より
【川内・サークル部室棟Ⅰ 320号室】
に復帰いたします。
アクセス方法はこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

item-thumbnail

【一言居士】―2019年1月―亥年

 年が明け、十二支の最後を飾る亥年となった。新年の華やかなムードの中、開幕を担ってしまったのは熊本での震度6弱の地震であろう▼開幕から災害が発生したわけだが、過去にさかのぼると亥年は大きな災害に見舞われることが多い。2007年の新潟県中越沖地震や1923年の関東大震災などが例に...

item-thumbnail

【一言居士】―2018年12月―年賀状

 小学1年生の時、初めて自分で年賀状を書いた。出した相手は学級の担任。内容は覚えておらず、干支の亥のイラストだけをやけに覚えている。その年から毎年、先生や級友、部活の先輩後輩へと年賀状を書いてきた▼昨今、年賀状を書く人は減ってきているという。実際に年賀はがきの発行枚数は9年連続で...

item-thumbnail

【一言居士】―2018年11月―人生に無駄なことなんてない

 皆さんには今まで打ち込んできたことがあるだろうか。また、趣味や特技として長い間やってきたことがあるだろうか▼この「東北大学新聞」を作っているのは報道部。私は大学に入学してから2年と半分、報道部の部員として「東北大学新聞」を作り、他にもさまざまな活動を行ってきた。記事の執筆、取材...

item-thumbnail

【一言居士】―2018年10月―さんま

 仙台で一人暮らしを始めて約1年半が経つ。ほどほどに自炊をしてはいるが、いまだに守っている母の忠告が二つある。それは「揚げ物は作らない」、そして「魚焼きグリルは使わない」だ。母いわく、その二つは片付けが特に面倒らしい▼しかしこの季節、やはり食べたくなるのがサンマの塩焼きだ。醤油の...

item-thumbnail

SDGsシンポジウム開催 ~河野太郎外相ら有識者集まる~

   東北大学SDGsシンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)の達成とグローバル人材」が、昨年12月21日、仙台国際センターで開催された。本シンポジウムは、本大学大学院国際文化研究科で来年度より新たに「グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム(G2SD)」を開講すること...

item-thumbnail

雨宮キャンパスの今 ~次代の市街地モデル目指し~

 本学雨宮キャンパス跡地の再開発計画で、株式会社イオンモールへの土地売却手続きが、昨年12月3日に完了した。樹木保存の問題といった課題を解決した上で、引き渡しが行われた。

item-thumbnail

日本経済の現状と課題 ~経済白書を読み解く~

 ワークショップ「日本経済の現状と課題『平成30年版経済財政白書』を読み解く」が昨年12月14日に本学川内南キャンパス中講義棟で開催された。主催は本学大学院国際文化研究科。内閣府から経済財政白書の執筆担当者である室伏陽貴氏を招き、『平成30年版経済財政白書』を基に、日本経済の現状...

item-thumbnail

【研究成果】本学発ベンチャー SSF ~多方面での活躍期待~

 本学発ベンチャー「スピンセンシングファクトリー株式会社」(SSF)の起業を、本学工学研究科の安藤康夫教授と医学系研究科の中里信和教授が、昨年11月30日に発表した。SSFについて、取締役を務める安藤教授に話を伺った。

item-thumbnail

【さぁくるどうでしょう】(27)―リコーダーアンサンブル

 リコーダーアンサンブルは本学の学部生、院生を含め、約40人が所属している。主な活動場所は部室。個人の練習をしたり、部員同士でアンサンブルを楽しんだりと、自分のペースで思い思いに活動している。

item-thumbnail

【学食のグルメ】⑪―川内南キャンパス・文系食堂 ほうれん草のおひたしinみそ汁

 ある日、筆者はとある情報を耳にした。「学食で出しているほうれん草のおひたしを、みそ汁に入れて食べるとすごく美味しいらしい」。筆者は耳を疑った。それらは別々に食べればもちろん美味しい。しかし、混ぜて食べるのが美味しいなんてことはありえないだろう。だが……なぜか気になる。1回だけ食...

item-thumbnail

【論点】就活ルールが変わる? ~キャリア支援センター長に聞く~

 一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)が2021年4月以降に入社する新卒学生の「採用選考に関する指針」を廃止する方針を昨年10月9日に発表した。その後の協議の結果、今まで経団連が定めていた就職活動に関するルールが、今後は政府主導で作成される。本件について、文部科学省学生・留...

item-thumbnail

【秒撮】光のページェント ~寒い冬の仙台を彩る光~

   2018SENDAI光のページェントが、先月14日から31日にかけて、定禅寺通で行われた。今回のテーマは「みんなで灯す、心の明かり」。定禅寺通の160本のケヤキ並木に約60万球のLEDライトが飾られ、寒い夜の仙台を彩った。今回で33回目となった冬の風物詩を一目見ようと、...

item-thumbnail

【書評】『堕落論』坂口安吾 新潮文庫

 世間では今年の抱負だの「一年の計は元旦にあり」だのと口うるさく言われる今日この頃だ。荒唐無稽な目標を知人に話したり、書き初めにしたためたりして後悔した経験のある方も多いだろう。浪人を経験した筆者にも現役受験の年の元旦には苦い思い出がある。

item-thumbnail

【ネタ記事】ドラマ「中学聖日記」鑑賞会 ~最終回だけでも楽しめるか!?~

 先月某日、筆者には翌日に控えたイタリア語のテストよりも重大な任務があった。そう、それは、それまで見たことがなかった、TBS系ドラマ「中学聖日記」の最終回を見ること。事の発端は、最終回の放送数日前に本ドラマ溺愛編集長が中学聖日記鑑賞会を提案したことにさかのぼる。その際に付け足...

item-thumbnail

本学産の米「東北大にひとめぼれ」生協で販売

 本学の研究農場で栽培された米「東北大にひとめぼれ」が先月3〜14日に本学各キャンパスの生協で販売された。環境に配慮して作られたこの米の販売企画を立案したのは有志の学生ら。今回の販売プロジェクトに携わった成澤朋紀さん(農・4)は「環境に優しい米があることに関心を持ってほしい」と販...

ホーム index

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (120)

Twitter

Facebook

Random Posts