進路データ

item-thumbnail

【聖地巡礼】ハイキュー!!・俺物語  ~作品の世界観を味わう~

  「聖地巡礼」。もとは宗教用語だが、最近ではもっぱら映画やアニメ・漫画の舞台となった場所を巡ることとして用いられることが多い。アニメや、小説の舞台、映画のロケ地となった場所を訪れることで、作品の世界観に浸れるのがだいご味だ。仙台が舞台やロケ地となっている作品はたくさんある。例え...

item-thumbnail

報道部員オススメ! ~お餅の食べ方聞きました~

 1月になると餅を食べる機会が多くなるだろう。しかし、どのように食べていいか分からず、カビが生えてしまうこともしばしば。そこで、報道部員たちにおすすめの餅の食べ方を聞いてみた。圧倒的な人気を誇っていたのは、醤油をつけるタイプの餅。焼いた餅に砂糖醬油をつけた餅や磯辺焼きが挙げられた...

item-thumbnail

【仙台街歩き③】知る人ぞ知るパーコー麺 ~福原愛さんも愛した一杯~

  バンッ、バンッ、バンッ。厨房でラーメン生地を打つ音が店内に響き渡る。棒状にした麺生地を大きく振り被り、力強く打ちつけるダイナミックな動きに圧倒される。

item-thumbnail

【書評】『悪人(上・下)』吉田修一・朝日文庫

 悪人とは、どのような人物を指す言葉か。この問いに、犯罪者、特に殺人事件の犯人を挙げる人は少なくないだろう。殺人事件のニュースを目にすると、犯人を凶行に走らせたものは一体何か、という言い回しが頻繁に用いられている。しかし、犯人が人殺しに至った経緯や理由の真相は、報道を通じて簡単に...

item-thumbnail

【ニュース】史上最大大量絶滅 原因は大規模噴火 ~海保教授ら本学研究チームが特定~

   今から約2億5000万年前、全生物の90%以上が絶滅した。この地球史上最大であるペルム紀末の大量絶滅と、それ以前の陸上生態系崩壊の原因は、大規模火山噴火であると本学大学院理学研究科の海保邦夫教授(当時)の研究チームが明らかにした。

item-thumbnail

【一言居士】-2021年1月ー空気がなくなる日

1910 年、古来より災いの前兆とされてきたハレー彗星が地球に接近し、「尾に含まれるシアン化化合物により地球の空気が5分間なくなる」という噂が一世を風靡した。酸素を確保するために氷袋や自転車のチューブが飛ぶように売れ、富裕層による買い占めも起こった▼この出来事を、科学や一般市民へ...

item-thumbnail

【秒撮】大晦日の大崎八幡宮~ご献灯照らす境内~

    昨年の大晦日、大崎八幡宮へのご献灯が八幡町を彩った。提灯の灯りに誘われて通りを進むと、見上げるような大鳥居が立ち現れる。提灯は鳥居の奥へと続き、一層きらびやかに境内を照らす。吸い込まれるように大鳥居をくぐり、淡く照らされた石段を登った先には表参道が一路延び、数多の屋台が御...

item-thumbnail

【ニュース】宮城県美術館移転断念 ~川内での現地改修へ~

   宮城県美術館の移転の是非を巡り、昨年11月、村井知事は仙台医療センター跡地への移転を断念し、現在の川内地区での改築を行う方針を明らかにした。

item-thumbnail

【ニュース】AO入試結果を誤送付 作業要領を再点検

 令和3年度AO入試(総合型選抜)Ⅱ期・理学部の第1次選考結果通知書に誤送付が発生したことについて、本学は昨年11月26日、お詫びを公表した。

item-thumbnail

【来年度授業】対面・オンライン併用へ ~活動を徐々に再開~

 新型コロナウイルスの感染流行が続く中、来年度の授業は対面とオンラインを効果的に併用して実施すると、先月16日、本学が発表した。現在の併用型を引き継ぎつつ、全学教育の対面実施や各種施設・活動の再開など、徐々に制限を緩和していく見通し。一方で、本学BCPレベルは今月8日に2に引き上...

item-thumbnail

【ネタ記事】歩いて松島行ってみた2020 ~名作過去記事に挑戦状~

 報道部内で語り継がれる伝説のネタ記事がある。「歩いて松島行ってみた」だ。2018年度のオープンキャンパス号に掲載されており、先月に引退した3年生が1年生のときに手がけた記事で、後輩からの支持も厚い。「ぼくも松島まで歩いてみたいなあ」。筆者の単純な発想から、報道部復刊以来54年の...

item-thumbnail

【EVANGELION評】『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』 ~公開を目前に過去作を振り返る~

 誰しも一度は耳にする人気作『エヴァンゲリオン』。今回は作品の簡単な解説(※軽いネタバレ有り)をしつつ、その魅力を語っていきたい。エヴァンゲリオンは主に「旧劇エヴァ」と「新劇エヴァ」、「貞本エヴァ(漫画版)」に大別される。今回はアニメ作品である、旧劇エヴァと新劇エヴァに焦点を当て...

item-thumbnail

【仙台街歩き②】Café 青山文庫 ~郷愁誘うブックカフェ~

 仙台駅から徒歩4分。青葉区中央にあるビルの5階にひっそりとたたずむ「Café青山文庫」。貸本コーナーを併設しているブックカフェだ。店内の至る所にレトロな表紙の本が並べられ、タイプライターや黒電話などのインテリアがノスタルジックな雰囲気を醸し出している。

item-thumbnail

新入生オータムフェスタ ~体育部と新入生をつなぐ~

 先月12日、「新入生オータムフェスタ」が本学川内北キャンパスで開催された。体育部の新歓活動と新入生のコミュニティ形成の手助けとなるイベントとして企画され、久々に大学で行われる大きなイベントとなった。きっかけは、外出自粛や新歓規制の影響でなかなか接点を持てなかった体育部と新入生、...

item-thumbnail

【一言居士】ー2020年12月ーコロナ渦の正月

   2020年も終わろうとしている。今年は、いつもと違う年末年始となることだろう。正月の風物詩である仙台初売りは、3密を避けて行われる予定だ▼新型コロナウイルスによる感染症の影響もあり、年末年始の帰省を取りやめることにした。家族や親戚に会うことができなくて残念に思う。しかし、年...

item-thumbnail

【秒撮】仙台ロイヤルパークホテル ガーデンイルミネーション~6万5000球のイルミネーションが演出する幻想的な空間~

    12月半ばに入り、日が暮れるのも随分と早くなった。そんな仙台の冬の風物詩といえば、何といっても定禅寺通りがきらびやかな灯りに包まれるSENDAI光のページェントだろう。しかし、これだけで仙台の冬を彩るイルミネーションについて語り終えるのはいささか早計だ。

item-thumbnail

【スタートアップ・ユニバーシティ宣言】学内外で大学発ベンチャー促進

 本学は10月29日、「東北大学『スタートアップ・ユニバーシティ宣言』」を発表し、国内大学では初となるベンチャー創出支援パッケージの創設と、国内初の広域的大学発ベンチャーファンドの設置を行う意向を示した。本学で実際にベンチャー企業の創業支援を行う東北大学事業イノベーションセンター...

item-thumbnail

【ニュース】呼気で新型コロナ検査~未来型呼気医療の確立へ~

    本学は10月16日、島津製作所との共同研究により、「呼気オミックス」による新型コロナウイルス検査法の開発に成功したと発表した。この検査法では、呼気中の代謝物を分析することで、新型コロナウイルス感染の有無や重症化リスクなどを判定することができる。また、感染症のみならず、がん...

item-thumbnail

【ニュース】小惑星探査 英民間企業と共同研究 ~宇宙開発の新時代を拓く~

   本学の吉田和哉教授が率いる工学研究科航空宇宙工学専攻・宇宙ロボット研究室(SRL)は9月、英国民間企業と小惑星探査ロボットの共同研究を2021年から開始することで、合意した。この共同研究により、宇宙資源と民間宇宙利用の新しい時代が開拓されることが期待される。

item-thumbnail

【被災地特集 in女川町】旧女川交番 ~震災の教訓を胸に、新しい女川町へ~

 東日本大震災の津波の被害を受けた旧女川交番は震災遺構として今年2月から一般公開されている。横倒しになった鉄筋コンクリート造りの建物が、震災の記憶を伝える。

item-thumbnail

【被災地特集 in女川町】厨勝義さん ~若い世代が引っ張る、女川のまちづくり~

 女川町中心部の商店街、シーパルピア女川には若者の声を大切にしてきた、女川町の思いがよく表れている。この商店街で三陸石鹸工房KURIYAを営む厨勝義さんは、女川町の復興に携わってきた若い世代の一人だ。

item-thumbnail

【被災地特集 in女川町】相原義勝さん  ~震災からの再起、女川を盛り上げたい~

 シーパルピア女川の一角にある「相喜フルーツ」の店主、相原義勝さん(73)は長年女川町で青果店を営んでいる。震災前、同店は旧女川交番の3軒隣に店を構え、地元客でにぎわっていた。震災発生当時、相原さんは配達中の車内で大きな揺れを感じた。店に戻ると、建物自体は無事だったものの、店内は...

item-thumbnail

【被災地特集 in女川町】酒井孝正さん  ~今日できることを今日しっかりと~

 シーパルピア女川の一角、海沿いを走る国道398号に面した場所にある、書店「本のさかい」。店内には、震災や女川町に関する書籍が所狭しと並んでいる。

item-thumbnail

【被災地特集 in女川町】取材総括 ~町を歩いて、感じた復興の灯~

 来年3月11日、東日本大震災発生から10年という大きな節目を迎える。それを目前に控えた先月11日、我々は被災地・女川町を取材した。そこで目にしたのは、活気あふれる町の姿であった。

item-thumbnail

対面授業再開を受けて ~学生たちの声は~

  本学では、後期から一部の授業では対面授業が実施されている。ここでは対面授業を受けての学生の感想を紹介していく。

item-thumbnail

オン・キャンパス交流会 ~法学部生につながりを~

   新型コロナウイルスによる影響で、大学生、特に1年生が交流の輪を広げにくいことが問題となっている。そんな中、9月30日、文科系総合講義棟において、「法学部新入生オン・キャンパス交流会」が法学部主催で開かれた。本企画について、法学研究科の嵩さやか教授と吉永一行教授、法学部・法学...

item-thumbnail

【学食に行こう!】学食営業本格再開 ~感染症対策は万全に~

  先月1日、午前11時30分。川内北キャンパスで拍手が沸き起こった。学食「キッチンテラスクルール」の営業再開だ。学生だけでなく、生協の職員も待ちわびていた再開だった。学食の営業再開や感染症対策について、本学生活協同組合次長の宮崎研さんに話を伺った。

item-thumbnail

【秒撮】杜の都復活祭 ~仙台を代表するイベントが集結~

  今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、日本各地でイベントが中止されている。仙台でも、仙台七夕まつりをはじめとして、毎年恒例のイベントが相次いで取り止めになっている。そうしたイベントの復活ののろしとなることを願って、「杜の都復活祭」が先月3日、勾当台公園で開催された。

item-thumbnail

オンライン併用の新しい授業形式  ~対面授業再開~

  本学では、新型コロナウイルス感染症の影響で、前期は全面的にオンライン授業が行われた。後期もオンライン授業は継続するものの、一部の授業で対面授業が再開される。感染症対策として、マスクの着用、手指や机の消毒、換気などが行われる。また、各教室に割り振られたQRコードを読み取ることで...

item-thumbnail

【ニュース】江戸学の宝庫・狩野文庫 古典籍をデジタル公開へ

     現在、本学附属図書館は日本文学の総合研究機関である国文学研究資料館と連携し、さまざまな古典資料をデジタル公開するプロジェクトを実施している。今年9月には、新日本古典籍総合データベースより、狩野文庫の資料の一部である232点が公開された。  本学附属図書館の狩野文庫は、明...

ホーム index

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (137)

Twitter

Random Posts