就職データ

Pick Slider Label

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

祝・七大戦連覇!448号(次号)で特集します

東北大学が今年の七大戦も制覇、2年連続14度目の総合優勝を飾りました!
14度目の総合優勝は、京大に並び最多タイです。
参加団体の皆様おめでとうございます。
次号の東北大学新聞では七大戦優勝を取り上げます。発行は10月23日です。
合わせて、北海道胆振東部地震に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

item-thumbnail

【一言居士】―2018年7月―誰もが誰かの光

 街を煌々と照らす光。騒がしいほどに響き渡るBGM。その中で楽しそうに夜を過ごす人々。にぎやかな街を1人で黙々と歩く「私」はなぜかひとりぼっちだと思ってしまう▼真夜中のSNSに楽しそうな友人の投稿を見つける。どうやら別の友人と遊んでいるようだ。そのような投稿が山のようにあふれる。...

item-thumbnail

【一言居士】―2018年6月―新入生の姿と重ねて

 新学期が始まってはや2カ月。1年生の諸君の中にはさまざまな部活やサークルの中からどこに入るのか、悩んだ者もいることだろう。この春、わが報道部にもめでたく新入部員が加わり、新たな体制で活動をするようになった。取材の仕方や係の仕事……。大学生活にもまだ慣れていない中で新入生は教えら...

item-thumbnail

【一言居士】―2018年5月―ウルトラマンアグル

 先日、レンタルビデオ店に出向いたとき、懐かしい作品を見つけた。「ウルトラマンガイア」。1998年に放送された作品である。子どものころから好きな作品だったので久しぶりに見てみることにした▼この作品には主人公のウルトラマンガイアの他にウルトラマンアグルという青いウルトラマンも登場す...

item-thumbnail

【一言居士】―2018年4月―男はしれっとしていればいい

 「男はしれっとしていればいい」という言葉には独特の重みがある。気まずさや後ろめたさを抱く物事に対してどう向き合っていけばいいのか。「なに簡単なこと、気にしなければいいのだ、男はしれっとしていればいい」この一文をある漫画で見かけてから、私は腹の中にすとんと落ちるような落ち着きを手...

item-thumbnail

【研究成果】空飛ぶ消火ロボット開発 ~消火活動の迅速化に期待~

 本学情報科学研究科の田所諭教授、昆陽雅司准教授、多田隈健二郎准教授、安倍祐一助教、社会人博士課程の安藤久人(福島県ハイテクプラザ主任研究員)さん、八戸工業高等専門学校の圓山重直校長、国際レスキューシステム研究機構らのグループが空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」の...

item-thumbnail

本学学生が仏語動画作成 ~語学学習と文化交流促す~

 本学言語・文化教育センターの深井陽介准教授の主導で学生がYouTubeで配信するストーリー動画を作るプロジェクトを始めている。

item-thumbnail

【ネタ記事】UFO呼んでみた・後編 ~おいしいパフェを求めて~

 6月28日が「パフェの日」であることを知った筆者は思い出深いパフェを食べるために宇宙人を呼ぶことを決意。 前号 ではUFOを呼ぶ儀式、カラオケを執り行ったが、あえなく失敗したことを掲載した。果たして宇宙人はやってくるのか。後編をお送りする。

item-thumbnail

【書評】『ハツカネズミと人間』 スタインベック 新潮文庫

 この小説を読み始めると、まず美しい風景描写が目に入る。それは著者の愛した、アメリカ・サリーナスの自然である。陽光を反射しきらめく川の流れ、緑に芽吹くヤナギやスズカケの木、夕方になり辺りから顔を出す動物たちの群れ。このような描写から物語の幕が開ける。

item-thumbnail

【ネタ記事】集めろスピリチュアル! ~宮城県のパワー結集~

 「力が……欲しいk」「欲しいです欲しいです」

item-thumbnail

国際祭り 各国の魅力を発見 ~世界の料理に舌鼓~

 「第33回 東北大学国際祭り」が先月1日に川内萩ホール前広場にて開催された。このイベントは東北大学留学生協会(TUFSA)が主催し、国際交流系サークルや地域団体が共同して運営する、東北地方最大級の国際文化交流イベント。毎年5000人ほどが参加しており、今年も天候に恵まれ、多くの...

item-thumbnail

交響楽団 定期演奏会 ~美しい演奏で魅了する~

 東北大学交響楽団の第170回定期演奏会が宮城県民会館で6月30日に開催された。今回の定期演奏会は5年ごとの恒例だったベートーベンの交響曲第9番を10年ぶりに演奏することで注目が集まった。

item-thumbnail

せんだい文学塾 直木賞作家・辻村深月さん ~小説書く喜び 語る~

 せんだい文学塾6月講座が6月23日、仙台文学館にて開かれた。講師は今年『かがみの孤城』(ポプラ社)で第15回本屋大賞を受賞した作家の辻村深月さん、アドバイザーは文芸評論家の池上冬樹さん。またゲストとして中論公論新社、文藝春秋、講談社、ポプラ社の編集者も参加した。

item-thumbnail

【七大戦2018】学友会硬式野球部 ~守備を強化し優勝へ~

 七大戦硬式野球競技が8月8日から札幌市円山球場にて開催される。学友会硬式野球部主将の関根謙志郎さん(文・4)に七大戦にかける意気込みを伺った。

item-thumbnail

del mundo 定期公演開催 ~「delicious」なステージを披露~

 学友会アカペラコーラス部del mundoの第14回定期演奏会が先月23日、仙台市シルバーセンターで開かれた。3年生を中心とした八つのバンドが計25曲を披露。270人弱の来場者を魅了した。定期演奏会を終えての感想を実行委員長の五十嵐晴美さん(文・3)に聞いた。

item-thumbnail

【さぁくるどうでしょう】(25)―学友会蹴球部

 先日はサッカーW杯における日本代表の活躍が大いに話題になった。選手たちがピッチで繰り広げる真剣勝負には、多くの人々が感銘を受けたことだろう。さて、本学にも、サッカーに本気で取り組んでいる人たちがいる。

ホーム index

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (113)

Twitter

Facebook

Random Posts