item-thumbnail

【2021新歓】部活動・サークル等活動紹介  ④未分類

 東北大学新聞は3月下旬から4月上旬にかけて、学内団体を対象に、活動内容や新歓に関するアンケート調査を実施した。計32団体が回答し、結果は「運動系」「文化系・学友会正規団体」「文化系・その他」「未分類」の計4回に分けて公開される。第4回では「未分類」の6団体を一挙に紹介する。 【...

item-thumbnail

【2021新歓】部活動・サークル等活動紹介  ③文化系・その他

 東北大学新聞は3月下旬から4月上旬にかけて、学内団体を対象に、活動内容や新歓に関するアンケート調査を実施した。計32団体が回答し、結果は「運動系」「文化系・学友会正規団体」「文化系・その他」「未分類」の計4回に分けて公開される。第3回では「文化系・その他」の12団体を一挙に紹介...

item-thumbnail

【2021新歓】部活動・サークル等活動紹介  ②文化系・学友会正規団体

 東北大学新聞は3月下旬から4月上旬にかけて、学内団体を対象に、活動内容や新歓に関するアンケート調査を実施した。計32団体が回答し、結果は「運動系」「文化系・学友会正規団体」「文化系・その他」「未分類」の計4回に分けて公開される。第2回では「文化系・学友会正規団体」の5団体を一挙...

item-thumbnail

【2021新歓】部活動・サークル等活動紹介  ①運動系

  東北大学新聞は3月下旬から4月上旬にかけて、学内団体を対象に、活動内容や新歓に関するアンケート調査を実施した。計32団体が回答し、結果は「運動系」「文化系・学友会正規団体」「文化系・その他」「未分類」の計4回に分けて公開される。第1回では「運動系」の9団体を一挙に紹介する。 ...

item-thumbnail

想定外とは言わせない 〜防災グッズ9品厳選〜

 東日本大震災の発生から10年が経ったが、いまだに余震が続いている。地震に限らず、日本は災害が多い国だ。新しい生活が始まる4月だからこそ、防災に必要なものをそろえる良い機会ではないだろうか。そこで、報道部員が特に備えておくべきだと考える防災に関連する物資を紹介していく。

item-thumbnail

部員が選ぶ春曲 4選 〜変化の季節に寄り添う〜

春。暖かな陽気に包まれ、色鮮やかな木々や草花の映える季節がやってきた。冬は部屋のこたつで丸まっていた筆者も、今ではすっかり散歩が日課である。

item-thumbnail

【学食のグルメ】(18)ーキッチンテラス クルール 自家製カレー

食材価格の高騰やコロナ禍で学食の利用者減少などさまざまな要因による学食メニューの値上げ。しかしそんな状況の中でも、学生からの人気の高さが理由で価格が据え置かれたのが定番メニューの自家製カレーだ。

item-thumbnail

復興への意識 オンライン討論 〜「被災者」扱いに戸惑いの声も〜

 福島県白河市出身の大学生を中心に構成される学生団体「Shirakawa Week 実行委員会」は3月17日、オンラインシンポジウム「復興・創生を『背負わされてきた』子どもたちの現在と未来」を開催した。白河市出身の大学生から震災への向き合い方についての問題提起がなされ、防災や復興...

item-thumbnail

人生は最高のゲーム 〜俯瞰の目で自他を見つめる〜

 皆さんは「ゲーム」というと何を思い浮かべるだろうか。Apex? マリオ? それとも花札? なるほど、確かにこれらはれっきとしたゲームだ。では、最もやりがいのあるゲームといえば? これは間違いなく「人生」だ。攻略本はなく、指一本だけ動かしても結末は変わる。ただし、リセットやセーブ...

item-thumbnail

一言居士 ー2021年4月ー 本末転倒

  「手段が目的となってはいけない」。受験時代の恩師に言われた言葉だ。受験直前期の私は、気持ちが焦り、ノルマ達成のためだけの中身のない勉強をしてしまっていた。受験勉強の目的は合格すること。日々のノルマ達成は手段でしかない。恩師からの言葉にハッとさせられた▼東京オリンピックにおいて...

item-thumbnail

【秒撮】榴岡天満宮~季節の花で気分転換~

   長い冬が終わり、やっと暖かい季節がやってきた。散歩に出かけると、いろいろなところで春を見つけることができる。街を行く人の服装は軽やかになり、虫はあちこちを飛び交うようになる。しかし、何といっても春の足音を感じさせられるのは花ではなかろうか。桜の木を見かけて、つぼみが今にも開...

item-thumbnail

【連載】「あの日」を訪ねて ①震災遺構 荒浜小学校

 東日本大震災で児童や教職員、住民ら320人が避難した仙台市立荒浜小学校。2階まで津波が押し寄 せ、校舎も甚大な被害を受けた。2016年3月に閉校、翌年4月からは震災遺構として一般公開されている。

item-thumbnail

【ニュース】学食 3月に価格改定~一部メニュー値上げ~

  価格改定の概要  本学生協の各食堂で先月1日、メニューが値上げされた。コロナ禍での食堂利用者減少に伴う、物流コストの高騰が主な要因。カレー類や麺類など多くのメニューが対象となり、値上げ幅は20円から30円程度。ただし、人気商品の自家製カレーなど、一部のメニューの価格は据え置かれた。

item-thumbnail

学生向けオンラインイベント~企業求める「新卒AI人材」~

  スキルアップAI株式会社が主催する大学生・大学院生向けのトークイベントが今年1月、オンラインで開催された。近年、需要の高まりにもかかわらず、AI人材は圧倒的に不足している。そのような状況を受けて、今回のイベントでは「新卒AI人材」に焦点を当て、これから社会に出ていく大学生や大...

item-thumbnail

【ニュース】ISTU大幅更新へ~機能増強し9月から本格運用~

   本学の学習支援システムであるISTU(東北大学インターネットスクール)を大幅に更新した新システムの試行運用が今月1日、開始された。新システムは試行期間を経て、9月から正規運用が開始される。昨年度のオンライン授業の本格開始に伴い、クラウド化や他システムとの連携など、機能やシス...

item-thumbnail

【新入生向け2021】仙台の台所・仙台朝市 ~新鮮な食材でいざ自炊を~

 新入生の皆さんの中には、この春から自炊に取り組み始めるという人もいるだろう。自炊をするにあたっては、まず最初に、食材を購入する店を探さなくてはならない。どこで購入するかを決める時には、家からの距離・アクセスや価格、品質が重要な考慮要素となる。しかし、引っ越してきたばかりの頃は、...

item-thumbnail

【新入生向け2021】オンライン授業の落とし穴に注意 ~課題の提出方法を確認すべし~

 昨年度から始まったオンライン授業。慣れないオンライン環境の中で、さまざまな失敗をした学生もいる。新入生には、私たちと同じミスをしないよう、オンライン授業にまつわる失敗談とその対処法について伝えたい。

item-thumbnail

【新入生向け2021】困ったときは学内の相談先へ ~生活の悩みを解消しよう~

  春から新生活がスタートする新入生の皆さんは、受験を乗り越えて勝ち取った大学という学びの場で専門性の高い授業をうけることになる。また、地元を離れ一人暮らしを始める人も多いだろう。このような新しい環境への変わり目には、学習面や日常生活においてさまざまなトラブルに直面することが予想...

item-thumbnail

【新入生向け2021】学部別・報道部員が教える! ~入学後の一年の過ごし方~

 4月から晴れて本学の学生となる新入生の皆さんは、今後の大学生活への期待に胸を膨らませていることだろう。その一方、大学での学びや授業の受け方に不安を感じる部分も少なくないはずだ。

item-thumbnail

【新入生向け2021・一言居士】ー2021年3月ーコロナ禍の春

 2年前の春、仙台では雪のなか桜が満開を迎えた。関東出身の私はまず4月に雪が降ることに驚き、さらに4月に桜が見ごろを迎えることに驚いた。満開の桜と共に迎えた入学式は、今でも強く心に残っている▼道端の桜を横目に会場へと向かい、会場で隣の新入生と話が弾む。式典が終わり外に出るとサーク...

item-thumbnail

【新入生向け2021・秒撮】サン・ファン・バウティスタ号 ~りりしい使節船、3月末でお別れ~

 今から400年ほど前、西洋と貿易の交渉を行うため、仙台藩からヨーロッパへ出航した船がある。その名も「サン・ファン・バウティスタ号」だ。

item-thumbnail

【新入生向け2021】編集長より ~キャンパスの最前線立つ~

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今回は皆さんを『東北大学新聞』の読者として迎える特別号ということで、学友会報道部の活動や本紙の製作にあたる思いを知っていただきたいと思い、少々紙面を割きました。

item-thumbnail

【新入生向け2021】交通手段、どれが便利? ~自分のお気に入りを見つけよう~

 大学への通学や授業後のアルバイト、ラーメン屋やカフェ巡り…。新入生のみなさんは、どのようなキャンパスライフを思い描いているだろうか。理想のキャンパスライフの実現に不可欠なものが交通手段だ。仙台の街で本学の学生がよく用いる交通手段を紹介しよう。

item-thumbnail

【新入生向け2021】オンラインツール 講義で使い分け ~本学「対面重視しオンライン併用」~ 

 昨年、世界的に感染が拡大した新型コロナウイルス。大学をはじめとする教育機関も大きな影響を受け、本学もオンライン授業を本格導入するなどの対応に追われた。今年度の授業について本学は、対面とオンラインを併用すると発表しており、当分はオンライン授業が継続される予定である。

item-thumbnail

【新入生向け2021・特別インタビュー】 押谷仁 教授 ~「パンデミック 必ずまた」社会のあり方を考え直す~

 政府による新型コロナウイルス感染症対策の中枢を担い、コロナ禍で日本の活路を見出だそうとする新型コロナウイルス感染症対策分科会(以下、分科会)。ウイルス感染症の専門家として分科会に籍を置き、新型コロナと社会の未来を見据える本学医学系研究科の押谷仁教授に話を聞いた。(取材は3月10...

item-thumbnail

【応援号2021】受験生必見!報道部員セレクト・おすすめの仙台土産4選

 本学は県外からの進学者が多いことでも知られる。受験とはいえ、せっかく宮城に足を運んだのだから、お土産を買って帰るのはどうだろうか。そこで今回は、家族・友人に渡すのに最適なお土産を検討していく。

item-thumbnail

【応援号2021】仙台グルメ紹介・牛タン焼専門店「司」 ~疲れた体にやわらか牛タン~

 試験期間中の食事に気を使う受験生は多いだろうが、試験後はどうだろうか。そこで、筆者おすすめの仙台グルメを紹介する。

item-thumbnail

【応援号2021】編集長、代わりに落ちる―群馬・猿ヶ京で合格祈願 ~受験生のため、いざバンジー~

 「落ちる」ということを経験したことがあるだろうか。地上で生活している限り、「滑る」ことや「転ぶ」ことはあっても、宙に放り出されることなど滅多にない。試験にしても、「落ちる」というと、「滑る」や「転ぶ」に比べて致命的な響きを伴う。

item-thumbnail

【応援号2021】令和3年度報道部入部問題・音楽

  以下の文章を読み、次の問いに答えなさい。  昨年はコロナ禍で社会に混乱が広がる一方、音楽シーンでは様々な有名人がカバーした ①「うちで踊ろう」 や ②紅白歌合戦 で歌われた「香水」、「夜に駆ける」がネットを中心に世間に広まるなど、新たな音楽の流行の形が生まれた1年であった。 ...

item-thumbnail
item-thumbnail

【応援号2021】受験に平常心で臨むには? ~試験前をいつも通り過ごそう~

 この記事を読んでいる受験生には試験中、力を十分に発揮してほしい。そんな願いから、当日慌てずに済むよう報道部員たちがどのように試験期間を過ごしていたのかを紹介する。共通して言えることは、いつも通り過ごすというのが最も大切だということだ。

item-thumbnail

【応援号2021】先輩受験生に学べ! ~あるあるからみる東北大入試~

 2月25日、26日、3月12日は本学の一般選抜入学試験の日である。受験生の中には入学試験というものを想像できず、不安になる人もいることだろう。そこで本学の学生に入試あるあるを聞いてみた。

item-thumbnail

【応援号2021】受験に挑むあなたへ ~自分自身を信じよう~

  この記事に目を通している皆さんは、きっと本学の前期入試を目前に控えた受験生であろう。自信に満ち溢れている人もいれば、緊張や不安でいっぱいの人もいると思う。本番までの残りわずかな時間、参考書や英単語帳を開いて勉強するのも有意義だが、少し時間を貸してもらえるのなら、筆者の前期入試...

item-thumbnail
item-thumbnail
item-thumbnail

【応援号2021】令和3年度報道部入部問題・現代文

  次の文章は、春野いちご「ツンデレ助教授に愛されすぎて困ってます!」(全53巻)第1巻の一節である。これを読んで後の問い(問一~五)に答えよ。(配点50)  目の前の光景に、目を疑う。 だって、そこにいたのは  ―あたしが、ずっと(1) あこがれ てた人。 ~・~・~・~・~・...

item-thumbnail

【速報】【ニュース】3月から価格改定 ~本学生協食堂一部メニュー値上げ~

 本学生協の各食堂で、来月1日からメニューが値上げされる。カレー類や麺類など多くのメニューが対象となり、値上げ幅は20円から30円程度。ただし、人気商品の自家製カレーなど、一部のメニューの価格は据え置かれる予定だ。

item-thumbnail

【聖地巡礼】ハイキュー!!・俺物語  ~作品の世界観を味わう~

  「聖地巡礼」。もとは宗教用語だが、最近ではもっぱら映画やアニメ・漫画の舞台となった場所を巡ることとして用いられることが多い。アニメや、小説の舞台、映画のロケ地となった場所を訪れることで、作品の世界観に浸れるのがだいご味だ。仙台が舞台やロケ地となっている作品はたくさんある。例え...

item-thumbnail

報道部員オススメ! ~お餅の食べ方聞きました~

 1月になると餅を食べる機会が多くなるだろう。しかし、どのように食べていいか分からず、カビが生えてしまうこともしばしば。そこで、報道部員たちにおすすめの餅の食べ方を聞いてみた。圧倒的な人気を誇っていたのは、醤油をつけるタイプの餅。焼いた餅に砂糖醬油をつけた餅や磯辺焼きが挙げられた...

item-thumbnail

【仙台街歩き③】知る人ぞ知るパーコー麺 ~福原愛さんも愛した一杯~

  バンッ、バンッ、バンッ。厨房でラーメン生地を打つ音が店内に響き渡る。棒状にした麺生地を大きく振り被り、力強く打ちつけるダイナミックな動きに圧倒される。

item-thumbnail

【書評】『悪人(上・下)』吉田修一・朝日文庫

 悪人とは、どのような人物を指す言葉か。この問いに、犯罪者、特に殺人事件の犯人を挙げる人は少なくないだろう。殺人事件のニュースを目にすると、犯人を凶行に走らせたものは一体何か、という言い回しが頻繁に用いられている。しかし、犯人が人殺しに至った経緯や理由の真相は、報道を通じて簡単に...

item-thumbnail

【来年度授業】対面・オンライン併用へ ~活動を徐々に再開~

 新型コロナウイルスの感染流行が続く中、来年度の授業は対面とオンラインを効果的に併用して実施すると、先月16日、本学が発表した。現在の併用型を引き継ぎつつ、全学教育の対面実施や各種施設・活動の再開など、徐々に制限を緩和していく見通し。一方で、本学BCPレベルは今月8日に2に引き上...

item-thumbnail

【ニュース】史上最大大量絶滅 原因は大規模噴火 ~海保教授ら本学研究チームが特定~

   今から約2億5000万年前、全生物の90%以上が絶滅した。この地球史上最大であるペルム紀末の大量絶滅と、それ以前の陸上生態系崩壊の原因は、大規模火山噴火であると本学大学院理学研究科の海保邦夫教授(当時)の研究チームが明らかにした。

item-thumbnail

【一言居士】-2021年1月ー空気がなくなる日

1910 年、古来より災いの前兆とされてきたハレー彗星が地球に接近し、「尾に含まれるシアン化化合物により地球の空気が5分間なくなる」という噂が一世を風靡した。酸素を確保するために氷袋や自転車のチューブが飛ぶように売れ、富裕層による買い占めも起こった▼この出来事を、科学や一般市民へ...

item-thumbnail

【秒撮】大晦日の大崎八幡宮~ご献灯照らす境内~

    昨年の大晦日、大崎八幡宮へのご献灯が八幡町を彩った。提灯の灯りに誘われて通りを進むと、見上げるような大鳥居が立ち現れる。提灯は鳥居の奥へと続き、一層きらびやかに境内を照らす。吸い込まれるように大鳥居をくぐり、淡く照らされた石段を登った先には表参道が一路延び、数多の屋台が御...

item-thumbnail

【ニュース】宮城県美術館移転断念 ~川内での現地改修へ~

   宮城県美術館の移転の是非を巡り、昨年11月、村井知事は仙台医療センター跡地への移転を断念し、現在の川内地区での改築を行う方針を明らかにした。

item-thumbnail

【ニュース】AO入試結果を誤送付 作業要領を再点検

 令和3年度AO入試(総合型選抜)Ⅱ期・理学部の第1次選考結果通知書に誤送付が発生したことについて、本学は昨年11月26日、お詫びを公表した。

item-thumbnail

【ネタ記事】歩いて松島行ってみた2020 ~名作過去記事に挑戦状~

 報道部内で語り継がれる伝説のネタ記事がある。「歩いて松島行ってみた」だ。2018年度のオープンキャンパス号に掲載されており、先月に引退した3年生が1年生のときに手がけた記事で、後輩からの支持も厚い。「ぼくも松島まで歩いてみたいなあ」。筆者の単純な発想から、報道部復刊以来54年の...

item-thumbnail

【EVANGELION評】『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』 ~公開を目前に過去作を振り返る~

 誰しも一度は耳にする人気作『エヴァンゲリオン』。今回は作品の簡単な解説(※軽いネタバレ有り)をしつつ、その魅力を語っていきたい。エヴァンゲリオンは主に「旧劇エヴァ」と「新劇エヴァ」、「貞本エヴァ(漫画版)」に大別される。今回はアニメ作品である、旧劇エヴァと新劇エヴァに焦点を当て...

item-thumbnail

【仙台街歩き②】Café 青山文庫 ~郷愁誘うブックカフェ~

 仙台駅から徒歩4分。青葉区中央にあるビルの5階にひっそりとたたずむ「Café青山文庫」。貸本コーナーを併設しているブックカフェだ。店内の至る所にレトロな表紙の本が並べられ、タイプライターや黒電話などのインテリアがノスタルジックな雰囲気を醸し出している。

item-thumbnail

新入生オータムフェスタ ~体育部と新入生をつなぐ~

 先月12日、「新入生オータムフェスタ」が本学川内北キャンパスで開催された。体育部の新歓活動と新入生のコミュニティ形成の手助けとなるイベントとして企画され、久々に大学で行われる大きなイベントとなった。きっかけは、外出自粛や新歓規制の影響でなかなか接点を持てなかった体育部と新入生、...

item-thumbnail

【一言居士】ー2020年12月ーコロナ渦の正月

   2020年も終わろうとしている。今年は、いつもと違う年末年始となることだろう。正月の風物詩である仙台初売りは、3密を避けて行われる予定だ▼新型コロナウイルスによる感染症の影響もあり、年末年始の帰省を取りやめることにした。家族や親戚に会うことができなくて残念に思う。しかし、年...

item-thumbnail

【秒撮】仙台ロイヤルパークホテル ガーデンイルミネーション~6万5000球のイルミネーションが演出する幻想的な空間~

    12月半ばに入り、日が暮れるのも随分と早くなった。そんな仙台の冬の風物詩といえば、何といっても定禅寺通りがきらびやかな灯りに包まれるSENDAI光のページェントだろう。しかし、これだけで仙台の冬を彩るイルミネーションについて語り終えるのはいささか早計だ。

item-thumbnail

【スタートアップ・ユニバーシティ宣言】学内外で大学発ベンチャー促進

 本学は10月29日、「東北大学『スタートアップ・ユニバーシティ宣言』」を発表し、国内大学では初となるベンチャー創出支援パッケージの創設と、国内初の広域的大学発ベンチャーファンドの設置を行う意向を示した。本学で実際にベンチャー企業の創業支援を行う東北大学事業イノベーションセンター...

item-thumbnail

【ニュース】呼気で新型コロナ検査~未来型呼気医療の確立へ~

    本学は10月16日、島津製作所との共同研究により、「呼気オミックス」による新型コロナウイルス検査法の開発に成功したと発表した。この検査法では、呼気中の代謝物を分析することで、新型コロナウイルス感染の有無や重症化リスクなどを判定することができる。また、感染症のみならず、がん...

item-thumbnail

【ニュース】小惑星探査 英民間企業と共同研究 ~宇宙開発の新時代を拓く~

   本学の吉田和哉教授が率いる工学研究科航空宇宙工学専攻・宇宙ロボット研究室(SRL)は9月、英国民間企業と小惑星探査ロボットの共同研究を2021年から開始することで、合意した。この共同研究により、宇宙資源と民間宇宙利用の新しい時代が開拓されることが期待される。

ホーム index

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[two]

研究[combine]

ネタ記事[right]

イベント[left]

七大戦[carousel]

七大戦 (137)

Twitter

Random Posts