進路データ

Pick Slider Label

作文コンクールを実施します!

東北大学学友会報道部では、「とんぺー生の夏休み 作文コンクール」と題して、短編小説やエッセイ・コラムを幅広く募集しています。学生であればどなたでもご参加いただけます。ぜひ奮ってご応募ください! 詳細はこちらから!

TBCラジオで紹介されます!

4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

報道部部室が戻ります!

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転していましたが、2月18日(月)より
【川内・サークル部室棟Ⅰ 320号室】
に復帰いたします。
アクセス方法はこちら

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

item-thumbnail

【オープンキャンパス2019】大学生の生活 ~堕落した学生の場合~

 本学の学生はどのような生活を送っているのか。本学入学を希望する人にとっては、とても気になるだろう。そこで東北大生の生活を2通り紹介しよう。

item-thumbnail

【オープンキャンパス2019】大学生の生活 ~模範的な学生の場合~

 本学の学生はどのような生活を送っているのか。本学入学を希望する人にとっては、とても気になるだろう。そこで東北大生の生活を2通り紹介しよう。

item-thumbnail

【告知】第24回東北大学医学祭 阿久津諒実行委員長「楽しみながら学んでほしい」

 第24回東北大学医学祭が10月13日と14日の両日10時から、本学星陵キャンパスで開催される(参照・ https://ton-press.blogspot.com/2019/08/medfes1.html )。今回、医学祭の開催を受け、医学祭実行委員長の阿久津諒さん(医・5...

item-thumbnail

【告知】第24回東北大学医学祭 10月13日(日)・14日(月)開催

 医療は我々にとって身近な存在で、話題に尽きないものである。再生医療やAIを駆使した医療システムなど、昨今大注目の最新医療もメディアで取り上げられるようになってきた。ところが、医療に携わる人々が普段どのような活動をしているのかあまり知られていないのが現状だ。医学生の持つ知識を...

item-thumbnail

【受章・研究成果】紫綬褒章 受章・阿尻雅文教授 ~超臨界の研究で世界をリード~

 本学材料科学高等研究所(AIMR)所属の阿尻雅文教授が、5月30日に紫綬褒章を受章した。阿尻教授は超臨界水を用いた研究に関する第一人者であり、今回の受章も、世界に先駆けて超臨界水を用いた研究を展開させてきたことによる。超臨界状態とは、物質が特定の温度圧力条件よりも高い温度と...

item-thumbnail

【告知・特別インタビュー】鳴海屋紙商事 数井道憲社長・山村蘭子さん

 仙台七夕まつりが今月6日から8日にかけて仙台市内で開催される。祭りを彩る七夕飾りを制作する鳴海屋紙商事の数井道憲社長と40年来の七夕飾りの職人、山村蘭子さんに七夕飾りにかける思いを伺った。

item-thumbnail

【書評】『ジョゼと虎と魚たち』 田辺聖子 角川文庫

 なんだかんだ中学時代は、恋愛にそこまで自覚的ではなかったように思う。振り返った時に初めて、その激しさに気付く。だから、当事者はぼんやりしたまま、静かに恋は終わっていく。

item-thumbnail

【ネタ記事】長年の憧れ・報道部パーカー作ってみた

 キャンパス内を歩いているとき、あるいは、授業を受けているとき。背中に「東北大学○○部」のような文言が書かれたウィンドブレーカーやジャージ、パーカーを着た人を見かけるだろう。部活やサークルの団結感だけでなく、着ている人自身の、自分が所属している団体に対する誇りのような気持ちま...

item-thumbnail

※ネット限定※【学術雑誌セミナー】大隅典子・附属図書館長に聞く ~論文投稿にあたって~

 学術雑誌の動向に関するセミナー2019 「 学術雑誌は誰のもの? 研究力強化とオープンアクセスのリテラシー」が6月 28 日に開催された。今回は、講演者を務めた大隅典子図書館長に講演内容や論文投稿についてお話を伺った。 ※セミナーの様子は こちら

item-thumbnail

学術雑誌の動向に関するセミナー2019 ~オープンアクセスの現状・課題~

 学術雑誌の動向に関するセミナー2019「学術雑誌は誰のもの? 研究力強化とオープンアクセスのリテラシー」が先月28日、青葉山東キャンパス工学部中央棟で開催された。本学図書館長を務める大隅典子副学長が講演し、本学におけるオープンアクセス(OA)の現状と課題、それに伴う図書館の...

item-thumbnail

『仙臺アルバム』復刊 ~仙台の原風景を伝える~

 仙台市の市制が施行されたのは1889年。2019年は市制130周年の節目の年である。それを記念して、大正時代に出版された当時の仙台市内を写した写真集『仙臺アルバム』が、株式会社イーピー・風の時編集部から104年ぶりに復刊される。

item-thumbnail

【働くこととは】特別編 ~ラジオの今 音で寄り添う~

   若者のラジオ離れが指摘されて久しい。しかし、中には好んでラジオを聴く学生も多い。ファンである歌手が担当する深夜番組のヘビーリスナーだという学生は、ラジオの魅力について「リスナーと出演者との距離の近さ」だと話す。今回は「働くこととは」特別編として、現代のラジオの在り方や、...

item-thumbnail

被害者支援へ学生動く ~旧優生保護法判決受け~

 差別や偏見のない社会を創り、被害者を真に救済するために何ができるのか―。知的障害を理由に旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県内の女性2人が国に対して損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁は原告の訴えを退ける判決を出した。それを受け、本学の学生が被害者支援に向...

item-thumbnail

【ネタ記事】突如開催!激辛デスマッチ ~平凡な日常に刺激を~

 部室でだらける部員が1人。筆者だ。「だめだ、やる気が出ない」。勉強はやりたくないし、バイトも今日はお休み。部室にいても床に転がっているだけ。まごうことなきダメ人間である。何か刺激的なことでもないだろうか……。考え込む筆者に編集長が一言。「刺激と言ったら、辛さだよ。激辛なものを食...

item-thumbnail

【秒撮】北雄杯駅伝大会 ~走っても見ても楽しめる~

 第45回北雄杯駅伝大会が先月15日に、本学川内キャンパスおよび青葉山キャンパスを中心に開催された。降りしきる雨の中、参加者たちが懸命にたすきをつないだ。

ホーム index

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (125)

Twitter

Random Posts