進路データ

item-thumbnail

【コロナに負けるな!】学生応援動画 ~あなたと共に未来へ~

   本学ホームページに掲載されている「STAND BY YOU」という動画を見たことがあるだろうか。この動画はコロナ禍にある本学学生を応援する目的で制作された。本学の教職員や卒業生からの応援メッセージ、そして本学のキャンパスの風景が、人気バンドOfficial髭男dismの楽曲...

item-thumbnail

【特別インタビュー】歌手・さとう宗幸さん ~故郷、仙台で生まれた名曲たち~

 「広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず」―仙台のご当地ソングとして多くの人に愛されており、JR仙台駅新幹線ホームの発車メロディとしてもなじみ深い「青葉城恋唄」。この曲を皮切りに、長年歌手として活躍し続けているさとう宗幸さんに、これまでの人生を振り返り、仙台への想いを語っていただいた。

item-thumbnail

※ネット限定※【いよいよ今週末!】第12回ミスター東北大コンテスト ~候補者の意気込みは~

 第72回東北大学祭が今月22日(日)、23日(月)に開かれる。今年度は新型コロナウイルスの影響によりWebサイトでの開催となる。それに伴い、ミスターコンテストもオンライン投票で行われる予定だ。今年度のミスター候補者4名に意気込みをうかがった。 エントリーNo.1 工学部機械知能...

item-thumbnail

【特別インタビュー】はやみねかおるさん ~デビュー30周年、赤い夢の裏側に迫る~

    今年で作家生活30年目を迎える、はやみねかおるさん。今年7月には諸シリーズのメインキャストが登場する『令夢の世界はスリップする』を刊行し、はやみねワールドの謎を解き明かすストーリーが幕を開けた。子どものみならず、大人でも夢中になる「赤い夢」を見せ続けるはやみねさんに話を伺った。

item-thumbnail

リモート授業の振り返り ~映像による学習の効果は~

 本学では今年度前学期、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ZoomやGoogle Meet、YouTubeなどの動画またはウェブ会議サイトを用いた「リモート授業」が行われた。リモート授業は、本学の一部の授業で後期でも行われる。本記事ではこの形式について、リモート授業期の筆者(...

item-thumbnail

【紀行】大崎八幡宮 ~身近な名所でリフレッシュを~

 2020年も、残り3カ月。やり残していることがないかとこの9カ月を振り返ってみると、今年はまだ旅行をしていないことに気が付いた。しかしこのご時世、Go Toキャンペーンをはじめとした旅行喚起政策が実施されているとはいえ、県外まで遠出するのはいささか気が引ける。だが家で過ごす時間...

item-thumbnail

【教員インタビュー】大学院経済学研究科 小田中直樹教授 ~新著で語る感染症と社会~

  本学大学院経済学研究科教授である小田中直樹先生の著書『感染症はぼくらの社会をいかに変えてきたのか―世界史のなかの病原体』が7月29日に出版された。歴史学の視点から感染症と社会の関わりを見つめた本書の内容を踏まえ、新型コロナウイルスの特徴や大学のあり方について小田中教授に伺った。

item-thumbnail

川内キャンパス学食紹介 ~推しの学食を見つけよう~

 本学には、多くの学食がある。本記事では、川内キャンパスにある五つの学食について紹介していく。まずは北キャンパスにある四つの学食についてだ。

item-thumbnail

中華料理店「八仙」 ~レトロ感と餃子を味わう~

 青葉通一番町駅直結のアーケード街、サンモール一番町。一歩小路に入ると、昭和レトロ感漂う横丁、「文化横丁」が現れる。古くから「文横(ぶんよこ)」の愛称で親しまれ、老舗から新店まで多くの飲食店が軒を連ねる。

item-thumbnail

【ネタ記事】ジェットコースターに挑戦 ~退屈な日常を吹き飛ばせ!~

 9月に入り、約半年に及ぶ帰省を終えて仙台に戻った筆者は、残りわずかとなった夏休みをどう楽しむか、あれこれと思案していた。実家で生活していた頃は、オンライン授業を受け、課題に取り組む日々の繰り返しであった。そのせいか、今年の夏はセミの鳴き声や外の暑さを感じることも少なく、いつの間...

item-thumbnail

【さぁくるどうでしょう】(31)写真部

  31回目となった連載企画「さぁくるどうでしょう」。今回紹介するのは、美しい瞬間を求めて日々シャッターを切り続ける、学友会写真部だ。写真部の活動や魅力について、部長の神田恵太朗さん(理・2)に話を伺った。

item-thumbnail

【さぁくるどうでしょう】(30)クイズ研究会

   知力を尽くし、早押しクイズでしのぎを削っている団体がある。第30回「さぁくるどうでしょう」で紹介するのは「クイズ研究会」だ。

item-thumbnail

【とんぺー生の夏休み2020】選評 ~オンラインでの選考会 議論白熱させた2作品~

   今年で2回目の開催となった本コンクール。今年は「短編小説部門」「エッセイ・コラム部門」を統一し、「小説・エッセイ部門」の1部門で、「夏」というテーマを設けての開催となりました。新型コロナウイルス感染症の影響で、告知も思うようにいかない中での開催でしたが、2作品の応募がありま...

item-thumbnail

【とんぺー生の夏休み2020】優秀賞『美しさのゆくえ』橋本 京

   学友会報道部は先月23日、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール2020」の選考会を行い、最優秀賞に磯崎良さんの『幽霊の足跡』を選んだ。磯崎さんは昨年に続いて2年連続の受賞となった。優秀賞は橋本京さんの『美しさのゆくえ』。

item-thumbnail

【とんぺー生の夏休み2020】2年連続最優秀賞受賞・磯崎 良 さんインタビュー

  昨年の『 うっかり帳 』に続き、今年は『 幽霊の足跡 』で最優秀賞となった、文学部4年の磯崎良さん。本コンクール2連覇を記念して、磯崎さんに話を伺った。

ホーム index

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

イベント[two]

Ads Max Width 630px

特別インタビュー[left]

研究[right]

ネタ記事[carousel](6)

七大戦[combine]

七大戦 (137)

Twitter

Random Posts