報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【一言居士】ー2013年7月ーLINE

 大学生になると、発表やレポート等をグループになって作成する事が多い。そういった時に、連絡ツールとして最も多用されているのが、LINEと呼ばれるコミュニケーションアプリだろう。まるで会話をしているかの様にやり取りができるという利点、もしくは友達がやっているのだから自分もやろうという集団意識からか、筆者の周囲を見回してみても、殆どの人が利用している▼しかし、それには弊害もある様だ。LINEだと、相手からのメッセージを読んだことが伝わるようになっている。それに対してプレッシャーを感じている大学生は7割近くいるそうだ。相手が見ているはずなのに返信が来ずに嫌な思いをしたことや、逆に自分がなかなか返事をせずに、相手を苛立たせたことがある人も多いのではないだろうか▼このようなアプリが便利なのは事実だが、その分対人関係に気を遣わなければならないことも増えた。既読という2文字が、早く返信しなければならないという焦燥感に繋がり、その結果、不用意な1言となって表れるのかもしれない。気軽に出来るものだからこそ、1言にもっと重きを置くべきなのだろう。
(文責:佐野)
一言居士 8749996144943479614

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts