昨年度卒業生の就職データを公開しました

文系4学部及び理系4研究科を今年3月に卒業した学生の就職先を公開しております。
それ以前3カ年分のデータもございますので、併せてご覧ください。
トップページ上部のガジェットや、ラベル「就職データ」からご覧いただけます。

第48回衆議院選挙に関するアンケートの結果を公表しています

東北大学学友会報道部では、10月22日の衆院選に際し、政治意識などを調査する目的でアンケートを実施しました。
その結果を特設ページで公開しております。こちらからどうぞ。
情報は随時更新いたします。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【一言居士】ー2013年7月ーLINE

 大学生になると、発表やレポート等をグループになって作成する事が多い。そういった時に、連絡ツールとして最も多用されているのが、LINEと呼ばれるコミュニケーションアプリだろう。まるで会話をしているかの様にやり取りができるという利点、もしくは友達がやっているのだから自分もやろうという集団意識からか、筆者の周囲を見回してみても、殆どの人が利用している▼しかし、それには弊害もある様だ。LINEだと、相手からのメッセージを読んだことが伝わるようになっている。それに対してプレッシャーを感じている大学生は7割近くいるそうだ。相手が見ているはずなのに返信が来ずに嫌な思いをしたことや、逆に自分がなかなか返事をせずに、相手を苛立たせたことがある人も多いのではないだろうか▼このようなアプリが便利なのは事実だが、その分対人関係に気を遣わなければならないことも増えた。既読という2文字が、早く返信しなければならないという焦燥感に繋がり、その結果、不用意な1言となって表れるのかもしれない。気軽に出来るものだからこそ、1言にもっと重きを置くべきなのだろう。
(文責:佐野)
一言居士 8749996144943479614

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts