報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【ニュース】超小型衛星「雷神2」種子島へ

 本学大学院工学研究科が北海道大学と共同開発を進めてきた超小型衛星「雷神2」が5日、筑波宇宙センターへ搬送された。本機は、現在機能を停止している小型衛星「雷神」の後継機として開発された。



 「雷神2」は3億8千万円の予算を投じられ、「雷神」の故障の原因となった電源系を見直して改良を加え、新たな観測機器も搭載した。その一つが、超小型衛星のデジタル撮影としては世界最高の解像度を実現する望遠鏡だ。これらを駆使し、積乱雲の立体撮像や落雷のメカニズムの解析、地表樹種の自動判別といったミッションに挑む。

 一機が数百億円する従来の衛星に比べ、低コストで生産できるのが超小型衛星の長所だ。これを活かし、同型の衛星を複数個連携させることで、より精度の高い観測が可能になるという。

今後の展開として、津波や竜巻の被害状況の把握や農作物の生育状況の観測などへの応用が期待される。

 本機は5月24日、種子島宇宙センターから打ち上げられる予定。
ニュース 7494416463793438815

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts