読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【告知】学友会奇術部 12/26に第54回定期奇術発表会を開催

 来る1226日、本学学友会奇術部による定期奇術発表会が日立システムズホール仙台にて開催される。今回は総監督の鈴木慶汰さん(工・4)にお話を伺った。

 今年で54回目を数えるこの発表会は奇術部にとって1年前から積み重ねてきた練習と準備の集大成であり、年に1回の最も大きな発表の場。ポスター制作や舞台監督・音響・照明などの裏方を含め、全てが奇術部のみで運営される。「この発表会は奇術部で作り上げる、部員全員の思いが込められたステージだ」と鈴木さんは語る。

 中心となる演者は主に2年生と3年生。彼らのほとんどは初の晴れ舞台である。 発表会まで1か月を切り、今は部員全員の前で練習を重ねる毎日。人前で実際に演技を行い、観客への意識や演者としての自覚を持つための練習をしている。鈴木さんは「今回の発表会は奇術部の4年間の中では1つの通過点だが、演者を1番成長させる発表の場でもある。ただの通過点と思わず、部員全員の思いを胸に頑張ってほしい」と後輩に期待を寄せる。

 また本発表会のマジックやジャグリングの演技の間にはイリュージョンや寸劇を挟み、幕間の時間を無くし、観客を飽きさせない工夫がなされている。さらに観客をステージに上げて一緒に行うマジックもあり、観客も一人の演者として発表会へと引き込んでくれる。

 定期奇術発表会に向けて鈴木さんは「全員が納得できる舞台にするためにも、演者・裏方含め一人ひとりが自分の役割を全うし、ベストをつくしてほしい。そうすれば素晴らしい発表になる」と意気込んだ。


 開場は13時半と18時の2回で、入場料は無料。この機会にぜひ、足を運んではいかがだろうか


サークル活動 3426043785501187198

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts