読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】学友会剣道部 ~優勝へ自信あふれる~

 七大戦剣道競技が来月7日、東京都の私立巣鴨中学校・高等学校体育館で行われる。試合形式は、男子7人戦、女子3人戦による団体戦で、7大学によるリーグ戦である。七大戦への意気込みについて、学友会剣道部主将の佐々木智崇さん(理・4)に話を伺った。




 剣道部は現在、主に川内サブアリーナ3階で週6回練習している。稽古は基礎重視。多くの技を練習するよりも激しい稽古で基礎体力を養うことを念頭に日々稽古に取り組んでいるという。また、稽古の様子については「メリハリがある」と佐々木さんは話す。普段は和気あいあいとした雰囲気の部員も、稽古になると一変するという。

 剣道部は昨年の東北インカレの団体戦で男子は3位となり全国インカレまで駒を進め、女子もベスト8という戦績を残している。また個人では主将の佐々木さんがベスト8、渡部竣哉さん(文・4)が9位に入り、全国大会への出場権を獲得した。

 本学主管で行われた昨年の七大戦剣道競技では団体男子優勝、女子準優勝という輝かしい結果を残した。男子は決勝戦で東大と対戦。前半はリードされ苦しい展開になったが、副将の渡部、主将の佐々木が取り返し、チームを優勝へと導いた。「本学開催ということもありプレッシャーもあったが最後2人で試合の流れを変えられたのはよかった」と佐々木さんは振り返る。女子は決勝戦で京大と対戦したが、惜しくも敗れた。集中力不足もあったが、京大には技術的な面で劣っていた点が否めないという。

 今年の七大戦の目標には男子2連覇、女子優勝を掲げる。また男女全体では七大戦4連覇を目指す。今年の七大戦で男子は昨年の反省を活かし、前半で相手校のポイントゲッターを抑え、後半に余裕が持てるような試合展開に持ち込みたいと考えている。また試合の勝敗は技術的な面ばかりではなく、その時の運によることが多いという。しかし佐々木さんは「『人事を尽くして天命を待つ』の言葉通り、日々稽古の数をこなせば運を引きつけることは可能です」と話す。特に意識しているチームは、北大、京大、東大で、本学を含めた4大学の実力が拮抗しているという。「それでも一番強いのは東北大だと思っています」と佐々木さんは自信にあふれた様子だ。

 剣道部の部訓は「交剣知愛」。剣を交えることで相手に感謝や敬意を抱き、人間的な向上をはかるという意味だという。技術だけでなく、稽古を通じ精神的にも磨きをかける剣道部の躍進から目が離せない。
七大戦 1335817095093648956

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts