報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

東北大学新聞447号読者プレゼントを実施しました

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しました。

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
※応募は締め切りました。

当選された方には招待券を送付いたします。今しばらくお待ちください。

オープンキャンパス号を配布しました

報道部では今年もオープンキャンパス号を製作。
川内・青葉山・星陵の各キャンパスで2日間合計で3,500部配布しました。
特設ページはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【ニュース】雨宮キャンパス感謝祭 ~地元住民らが来場 移転を惜しむ声も~

 雨宮キャンパス感謝祭が、10月28日から30日にかけて、同キャンパスで催された。イベントは農学部が青葉山に移転することを記念したもの。開校以来の感謝をこめた様々な行事が企画され、来場者約3000人でにぎわいをみせた。




 去年12月に「感謝祭実行委員会」が設置され、農学部学生と職員による親睦団体・農学部翠生会などが感謝祭を準備した。近隣の町内会とも連携し、七夕まつりに参加して広報にも力を注いできたという。

 期間中、来場者の耳目を集めたのが写真コーナーだ。1925(大正14)年の旧制二高時代からの移り変わりを振り返る展示のほか、各研究コースのアルバム写真が並べられた。来場した卒業生は「在籍していたときの写真があった。先輩や友人の顔が見られて懐かしい気分」と声を弾ませた。

 また、農産物の販売も感謝祭の目玉の一つ。農学部OBが提供した野菜が数量限定で販売され、買い求める来場者で長蛇の列ができた。長ネギを購入した女性は、「朝10時から並んだ。今日の料理が楽しみ」と笑顔だった。

 感謝祭最終日には、地元の上杉中央商店会による模擬店が出店した。商店会の皆さんは「農学部とは長年のお付き合い。最後の思い出づくりに協力したい」と出店を決めたという。当日は牛タンカレーや芋煮などをその場で振る舞い、来場者は舌つづみを打った。

 キャンパスとの思い出をつづるノートが置かれ、来場者が思い思いの言葉を残した。「街中の『オアシス』のようで大好きだった」とのコメントも。人々に愛されたキャンパスは次年度から、新しい歩みを始める。
ニュース 8207835994193995326

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts