東北大学新聞447号読者プレゼント実施中!

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しています!

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
応募〆切日:8月7日必着

応募について詳しくは紙面をご覧いただくか、こちらまで。
上記リンクからも応募が可能です。
皆様ふるってご応募ください!

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【さぁくるどうでしょう】⑳―学友会アマチュア無線部

 時には世界の裏側と通信し、時には山中を駆け巡る―― 。そんな競技は何だと問われても、答えられる人は少ないだろう。正解はアマチュア無線部だ。






 現在部員は18人で、理学部と工学部の学生で構成されている。主な活動内容は電子工作、ARDF、そして無線運用だ。電子工作では、部員が各々アマチュア無線に関する道具を製作する。ARDFでは、山中に設置された無線送信機を、八木アンテナといった小型無線機で探し出す。そしてアマチュア無線部が最も力を入れている無線運用では、「ラグチュー」と呼ばれる無線を通した雑談の他に、コンテストへの出場を行っている。7月に行われた「6m AND Down コンテスト」では、全国4位入賞を果たした。

 「インターネット上で簡単に繋がれる時代に、無線で繋がる喜びがある」と部員の須山将喜さん(理・1)は魅力を語る。ブラジルやアルゼンチンなどの遠い国と通信するためには、天候や太陽の向き、アンテナの性能が重要だ。そこでアンテナを自作したり、無線機を調整したりして、相手の無線の音が聞こえたときの喜びはひとしおだという。

 アマチュア無線を行うには国家資格が必要だが、3、4級なら1日程度勉強すれば取得できる。「資格を持っている人はもちろん、持っていない人もぜひ我が部に入ってほしい」と部長の中村公亮さん(理・2)。世界中の人々と電波で通じ合える楽しさ、ぜひ味わってみてはいかがだろうか。

 アマチュア無線部、どうでしょう。
さぁくるどうでしょう 3299628531482382589

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts