読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【さぁくるどうでしょう】⑳―学友会アマチュア無線部

 時には世界の裏側と通信し、時には山中を駆け巡る―― 。そんな競技は何だと問われても、答えられる人は少ないだろう。正解はアマチュア無線部だ。






 現在部員は18人で、理学部と工学部の学生で構成されている。主な活動内容は電子工作、ARDF、そして無線運用だ。電子工作では、部員が各々アマチュア無線に関する道具を製作する。ARDFでは、山中に設置された無線送信機を、八木アンテナといった小型無線機で探し出す。そしてアマチュア無線部が最も力を入れている無線運用では、「ラグチュー」と呼ばれる無線を通した雑談の他に、コンテストへの出場を行っている。7月に行われた「6m AND Down コンテスト」では、全国4位入賞を果たした。

 「インターネット上で簡単に繋がれる時代に、無線で繋がる喜びがある」と部員の須山将喜さん(理・1)は魅力を語る。ブラジルやアルゼンチンなどの遠い国と通信するためには、天候や太陽の向き、アンテナの性能が重要だ。そこでアンテナを自作したり、無線機を調整したりして、相手の無線の音が聞こえたときの喜びはひとしおだという。

 アマチュア無線を行うには国家資格が必要だが、3、4級なら1日程度勉強すれば取得できる。「資格を持っている人はもちろん、持っていない人もぜひ我が部に入ってほしい」と部長の中村公亮さん(理・2)。世界中の人々と電波で通じ合える楽しさ、ぜひ味わってみてはいかがだろうか。

 アマチュア無線部、どうでしょう。
さぁくるどうでしょう 3299628531482382589

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts