読者の皆様へ注意喚起

最近、川内北キャンパスのポストを中心に、弊部・弊紙とは無関係のビラが置かれる事案が発生しております。
そのビラの内容には、過激な思想も含まれておりました。
学友会報道部は、特定の宗教団体や学内の学生活動団体との特別な関係は一切ありません。
また、弊部が設置しているポストに、弊部の許可なく広報物を設置することは一切認めません。
もし、ポストに不審物を見つけた場合や、紙面に不審なものが折り込まれていた場合は、弊部までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【新入生向け】Spring Festival初開催 ~体験会 新入生で賑わう~

 Spring Festivalが先月15日、本学川内北キャンパスにて開催された。本イベントは新入生に部活動やサークルを紹介することを目的としている。当日は昼間に雨が降るという恵まれない天気にもかかわらず、多くの新入生が来場し、賑わいを見せた。




 午前11時に始まったイベントでは、講義棟内の教室でさまざまな文化系の部活動・サークルが新入生向けの説明会や体験会を開き、多くの新入生が興味深そうに話を聞いたり体験したりした。午後になるとA、B棟間に設けられたステージで運動系の部活動がパフォーマンスを披露した。パフォーマンス中には多くの来場者が手拍子や声援を送り、非常に盛り上がった。

 昨年までは「文化フェスティバル」、「スポーツフェスティバル」という二つのイベントが平日の午後に川内北キャンパスで行われていた。しかし、今年度は二つのイベントを統合、土曜日開催にし、名称も「Spring Festival」と改めた。その背景には今年度から全学教育で導入されたクォーター制がある。クォーター制導入により、平日の午後に講義を休講してイベントを開催することが不可能になったのだ。「開催日を土曜日に変更して、心機一転、これまで以上に新入生の大学生活における選択肢を広げられる行事にできるようにと考えた」と新入生歓迎会実行委員会委員長代理の田巻廣明さん(理・3)は説明する。

 本イベントの運営については、人手が足りなくて苦労したという。特に、企画開始前は企画に先立っての対応や教室内設備の準備で講義棟内を走り回ったそうだ。その一方、企画実施時間中については「企画自体は大きなトラブルがなく、無事に進行したのは良かった」と田巻さんは振り返った。

 また、本イベントが昨年度までと異なる土曜日開催だったので、集客に不安があったそうだ。しかし、当日は多くの新入生が来場した。「多くの新入生の方に来場していただき安心した。本イベントが新入生の皆さんにとって、これからの大学生活をより豊かにしていくことの一助になれば嬉しい」と田巻さんは語った。
新入生向け 8561002745260650345

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts