「東北大学祭2018」写真特集ページを公開!

11月上旬に行われた「東北大学祭2018 ~笑う祭(フェス)には福来たる~」。紙面の都合などで掲載できなかった写真などをまとめました! ページはこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

【書評】『ハツカネズミと人間』 スタインベック 新潮文庫

 この小説を読み始めると、まず美しい風景描写が目に入る。それは著者の愛した、アメリカ・サリーナスの自然である。陽光を反射しきらめく川の流れ、緑に芽吹くヤナギやスズカケの木、夕方になり辺りから顔を出す動物たちの群れ。このような描写から物語の幕が開ける。




 主人公はジョージとレニーの2人組。お互いカリフォルニアの農場労働者だ。ジョージは頭の回転が速く小柄な一方、レニーは大柄で愚鈍。レニーは小動物を好むが、力の加減が分からず、ハツカネズミを握りしめては殺してしまう。レニーにジョージは何だかんだと文句を言うものの、放っておけずいつも一緒にいる。そんな二人が仕事を求め、新たな農場に出向く。

 この2人を取り囲むように登場する面々は皆個性的だ。ジョージやレニーとの掛け合いは活き活きとして、小気味いい。そして味わい深いエピソードが随所にある。たとえばラバ使いの名人スリムが、ジョージとレニーを見て語ること。「仲間と組んで歩く者はそう多くない。たぶん、この世の中の者が、みんな互いに人を怖がっているんだろう。」本作は発表されてから実に80年経つが、色褪せることのない台詞だろう。

 また中盤での老掃除夫キャンディにまつわる話も捨てがたい。この掃除夫は、老いさらばえた牧羊犬を手放すことができずにいる。仲間内から殺せと言われても首を横に振り続けていたが、最後には説得に負け、殺してしまう。その際のキャンディの描写は、心情にまつわるものが一切無いながらも、胸に訴えるものがある。

 ジョージとレニーには度々語る夢がある。それは、共同で農場を持つというものだ。誰もが無理だと断言するが、2人は決して諦めない。果たしてこの夢は叶うのだろうか。

 分量にして150ページほどの中編小説であるが、この小説の中にはたくさんのメッセージが込められている。会話も多く、訳文も読みやすい。この夏、隙間時間の読書に如何だろうか。
文芸評論 1090024147007514599

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts