報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら
記事PDF版は上部メニュー「PDF版はこちら」から、445号1面及び4面をご覧ください。

合わせて、国民栄誉賞の受賞が決定した羽生選手、誠におめでとうございます!

本HP通算60万ビュー数達成!

6月9日、報道部HPの通算60万ビュー数を達成いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み込み中

【告知】学友会演劇部「山荘秘聞」 ~大学祭で公演~

 10月28日から開催される東北大学祭において、演劇部の2016年度学祭公演「山荘秘聞」が行われる。今回は演出を担当する竹内新さん(文・1)に本公演について話を伺った。




 今回披露される「山荘秘聞」は米澤穂信氏のミステリー小説を原作としている。遭難者が出てしまった山岳部の部員と山荘の管理人とが絡み合い物語が進んでいく。「普段あまり演劇を見ていない方にも楽しめるようにミステリーを題材にした。小説とは違い、目の前でその出来事が起こっているかのように感じてもらえれば」と竹内さんは語る。

 東北大学祭での公演に向けて、演劇部は週3~4回、川内課外活動共用施設(川内ホール)にて稽古をしている。普段は夕方から夜にかけての稽古だが、本番直前はさらに時間を増やして入念に準備をするそうだ。「本番前の稽古は大変だがここが踏ん張りどころ。本番直前の稽古によって公演の出来が変わる」と竹内さん。

 また、今回の公演は合計25人のメンバーで行われるが、主体となって動くのは全員が1年生だという。まだ経験が少ないながらも、意見交換をしながら皆で作品を作り上げているそうだ。

 「演劇部は年に3~4回公演を行っているが、学祭での公演は一番気軽に見られる公演だ。演劇を見たことがある人もない人も、ぜひ今回の公演を見てほしい」と竹内さんは口にする。演劇部の16年度学祭公演「山荘秘聞」は、10月29日、30日に川内キャンパスC204教室にて行われる。料金は無料。気軽に足を運んでみてはどうだろうか。
大学祭 3708465963018760339

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts