「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました

7月25日、26日に行われたオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました。
記事は特設ページから→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/
また上部メニューの「PDF版はこちら」からはPDF版をご覧いただけます。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【七大戦】柔道部優勝、そして連覇に向けて。

七大戦で優勝した柔道部、当時の主将であった三浦尚さんと、現主将である芝野将太さんにインタビューを行った。


当時の喜びを尋ねると、三浦さんは喜びよりも、まず厳しい練習の成果が出てホッとした、と語った。芝野さんは、来年の七大戦を見据え、喜びよりも次は連覇、というプレッシャーを感じたようだ。柔道部の優勝は2008年以来。 

最近は名古屋大が連覇を達成していたため、名古屋大や九州大等の強豪校、他の六大学、その中の選手一人ひとりの特徴、技を研究し、共通認識にしておくことも怠らなかった。大会は勝ち抜き戦であるため、過去の大会では1人の選手に何人も抜かされる事が多かったが、今大会では1人抜かれると、その後の選手がきっちりと相手の選手を捉え、粘り強い戦いを見せた。
優勝の秘訣は、部員全員の試合に向けての集中力。例年以上に強かったと感じていたそうだ。特にマネージャーの尽力は大きく、三浦さんがどうしてもフォローが追い付かない新入生のフォローや、自分で気付かない点の指摘などをマネージャーが率先して行っていた。

柔道部は、既に来年に目を向けている。芝野さんは、今後の課題として全体の底上げ、今の1年生を戦力にしなければならない、とやる気を見せる。次回の全国七大学柔道は、その前身である高専柔道が始まってから100年を迎える。さらに、大会は発祥の地である京都で行われる。その記念すべき大会で優勝する事を目標に、柔道部は日々鍛錬を続けている。
七大戦 332649509838579718

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts